【LoLストーリー】アカリ:主なき暗殺者

祖国を侵略者から守るためには自分が所属する組織のやり方では駄目だと感じて出ていった。

チャンピオントレーラー

アカリ:主なき暗殺者 │ チャンピオントレーラー

Special Interacitons

※ここからいつもの記事です

「ヤバそうな格好するなら、中身もヤバくないとね」~ アカリ

“「均衡の守人」であることをやめ、「影の拳」という立場も捨てたアカリは、自分こそ故郷の人々が必要としている武器になろうと決め、独り戦いに挑む。師であるシェンから授かった教えを忘れることなく、アイオニアを襲う敵をひとりずつ、確実に排除すると誓ったのである。アカリは音もなく襲い掛かるが、そのメッセージは誰の耳にも届くだろう――主なき暗殺者を恐れよ、と。”(公式ユニバースより

アカリ-バイオグラフィー

物語 ウェイ・レからの脱出

アカリからのメッセージ:スマホ着信音声

バイオグラフィー

※他の均衡勢のストーリーが変更になる可能性があるので、暫定のバイオグラフィーになります。

  • 元々は「均衡の守人」という忍者集団にいた。両親は存命だったが招集されることもあったのでその時は他の「均衡の守人」が彼女の面倒を見ていた。
    • この時の「黄昏の瞳」がクショーってことは世襲制の組織なんだろうか。でも養子だったかのゼドが「何で? 跡継ぎ俺じゃないの? なんで勝ったのに追放されるの?」って話だったかと思うので完全に血筋だけで選ばれるわけじゃないのかな。
    • まさかケネンが親代わりのポジションに立つとは。
  • ゼドが反乱を起こしたことで、均衡の守人は分裂することとなる。
  • 14歳になったアカリは新たな「影の拳」として母の後を継ぐため修行をし、その能力は認められるようになった。均衡の守人と「影の一団」はノクサスのアイオニア侵攻を受けて不本意ながらも協定を結んだのだが、アカリは組織のやり方に疑問を抱く。何が霊的な調和だ、現実のアイオニア人たちは苦しんでいるじゃないかと。
  • 引き留めるシェンを振り切ってアカリは組織を抜け、自分のやり方でアイオニアを守ると決めたのだ。

感想など

「前のストーリーの続きです」って言ってたから楽しみにしてた。均衡抜けると思ってなかった。

関連記事

公式関連チャンピオン

https://loluni.net/kennen

「恐怖、嫌悪、愛などにその目を曇らされること無かれ - 均衡を乱そうとする全ての感情に」~ シェン "シェンは「均衡の守人」と...
「均衡は愚者の教えなり」~ ゼド "無慈悲で非情なゼドは、ノクサスの侵略者たちを追い出すためにアイオニアの伝統的な魔法と武術を軍事...
「芸術にはある種の感性が求められるのだよ……残虐性というね」~ ジン "ジンは殺人を芸術であると信じてやまないサイコパスである...

その他関連記事

一言で:魔法が自然のものとして受け入れられている島国。全体的にアジアっぽい雰囲気。10年くらい前にノクサスが侵略してきた事があって一度追い払...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする