【LoLストーリー】シェン:黄昏の瞳

「恐怖、嫌悪、愛などにその目を曇らされること無かれ – 均衡を乱そうとする全ての感情に」~ シェン

“シェンは「均衡の守人」として知られるアイオニアの秘密の戦士たちの長「黄昏の瞳」であり、全ての感情、偏見、自尊心などの迷いから逃れるため、霊的領域と物質世界の間に存在する見えざる道を感情に左右されることなく歩み続けている。彼は二つの世界の均衡を保つという任務を託されており、それを脅かそうとする者には鋼の刀と魔術の力で挑む。”(公式ユニバースより

シェン-バイオグラフィー

物語 不偏不党

バイオグラフィー

  • 「均衡の守人」という組織大師範クショーの息子。父親の跡を継いで「黄昏の瞳」となる。
  • 父とその弟子ゼドと共に殺人鬼ジンを追いかけついに捕らえるが父は殺すなと言うから仕方なく投獄に留めたり、ゼドが禁断の術を使って追放されたり、戻ってきたゼドがシェンの父親を殺したりした。アカリも組織を出ていった。
  • 使命の為に感情を殺しているが仇であるゼドに対してはその怒りを完全に抑えられてはいない。
  • そんな彼だが現実世界と霊的世界を行き来して世界の均衡を守るのが役目。イラオイやルシアンとは別のベクトルの亡霊退治人といったところか。
  • 必要あればどこにでも向かう。例え祖国を侵略したノクサス帝国であろうと。

感想など

流石シェン殿でござるな

幽霊というとシャドウアイルの印象が強いでござるがアイオニアの霊的な事象についても拙者気になるでござる

関連記事

公式関連チャンピオン

https://loluni.net/kennen

祖国を侵略者から守るためには自分が所属する組織のやり方では駄目だと感じて出ていった。 チャンピオントレーラー アカリ:主なき暗殺者 ...
「均衡は愚者の教えなり」~ ゼド "無慈悲で非情なゼドは、ノクサスの侵略者たちを追い出すためにアイオニアの伝統的な魔法と武術を軍事...
「芸術にはある種の感性が求められるのだよ……残虐性というね」~ ジン "ジンは殺人を芸術であると信じてやまないサイコパスである...

その他関連記事

一言で:魔法が自然のものとして受け入れられている島国。全体的にアジアっぽい雰囲気。10年くらい前にノクサスが侵略してきた事があって一度追い払...
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする