【LoLストーリー】モルガナ:堕天の高潔

“心を引き裂くことができるのは、自分が愛する者だけだ”

~ モルガナ

“天界の存在であると同時に定命でもあるという二つの性質の間で葛藤を抱えるモルガナは、人間性をつなぎとめるために自身の翼を縛り付け、己の苦痛と悔恨を味わわせるために、偽善者や腐敗した者たちに挑みかかる。法律や伝統であっても、自分が不当だと思えば断固として拒絶する。彼女はデマーシアの影に身を潜め――たとえ他の者たちが圧制を試みようと――闇の炎で自らを守り、あるいはそれを鎖として用い、真実のために戦う。そんなモルガナは流刑者や追放の身にある者たちであっても、いつの日か立ち上がることができるのだと信じてやまない。”(公式ユニバースより

モルガナ-バイオグラフィー

物語 崩れ去る神殿への祈り カラーストーリー

物語 有翼の姉妹の頌歌

バイオグラフィー

ゲームプレイの調整はこちら:パッチノート 9.4 今回の更新内容 セジュアニとウディアの物語 ケイルとモルガナの新バイオグ...

こちらでもちょっと内容語ってます

  • 正義の神髄を母に持つ双子の妹の方。姉はケイル。
  • 父親に連れられた先のデマーシアで育つ。
  • デマーシアの守護者として崇められており、罪を償う者達を擁護した。
  • モルガナにとってケイルは正義を追い求めるあまり過激派に見えたが、モルガナが犯罪者を更生させる役目を担う事で協定が結ばれ落ち着いたかに見えた。が、しかし。
  • それを気に入らなかったケイルの弟子がモルガナを捕えようとした事をきっかけにケイルとモルガナが争い、2人の強大な力は人間達を巻き込んだ。
  • 争いによって父を失い後悔したモルガナは自らの翼を鎖で縛りつけた。
  • 現在ではデマーシアの人々にモルガナの存在は忘れられ、「ヴェールに覆われたる者」という謎として残るだけになっている。だが彼女はまだデマーシアにいるのだ。

ちなみにラックスのカラーストーリー物語 デマーシアのためにでも『ヴェールの貴婦人』として言及があるようです。……この頃から構想してたの? 凄い

おまけ 旧バイオグラフィー

「ケイルの横暴が続くかぎり、私が戦いの手を休めることはないわ」

~ モルガナ
復讐に燃えるモルガナは、苦痛と闇の魔術を扱う力がある。かつては優雅な光の存在だったが古代の紛争中に魂を破壊され、同族から引き離された後に現在の残酷な拷問者へと変わった。必ずとどめを刺して復讐を遂げられるだろうーーという予言を支えに、飽くなき力への欲求と共に待ち続けている。

関連記事

公式関連チャンピオン

“完璧な人間などおらぬ。故に我は人間にあらず” ~ ケイル "ルーン戦争の真っただ中にターゴンの神髄の子として生を受けたケイ...

双子の姉です

 LoLチャンピオン別ストーリー紹介、ガリオ編です。彼は像と勘違いされた修行僧ではなく今度こそちゃんと動く石像です。 大都...

デマーシアの守り神だよね

「最高の武器とは美しいものだ」~ タリック "タリックは守護の神髄であり、ルーンテラの生命、愛、美の守護者として驚異的な力を発揮す...

逆にデマーシア追放されてからターゴン登頂した人

その他関連記事

魔法による戦争から逃れてきた人々が建国した国だよ だから魔法は邪悪なものだとして禁止されてるよ 団結力が特徴的だよ ...
太陽に焼かれる岩山、霊峰ターゴンは、世界に類を見ないほどの山塊に囲まれる、ルーンテラでもっとも壮大な山である。人里離れた大自然の中にそび...
ゲームプレイの調整はこちら:パッチノート 9.4 今回の更新内容 セジュアニとウディアの物語 ケイルとモルガナの新バイオグ...
パッチノート 9.5 ゲーム面での変更はこちらから 何がメタに上がってくるかという考察は他の方にお任せします。 あとK/DA アーリ プレ...
SejuPoro氏によるAMA翻訳です ケイル&モルガナ アップデートチームAMA 彼女たちの正義に対するスタンスの違い、神髄に...
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする