【LoLストーリー】ツイステッド・フェイト:不敗のイカサマ師

「負けることがないなら、それはギャンブルじゃない…」~ ツイステッド・フェイト

“たかが知れたこの世界でギャンブルし、魅了することで渡って来たツイステッド・フェイトは悪名高きいかさまトランプ師である。この詐欺師は、成金や愚か者どもの厭悪と羨望の的となっている。物事を真面目に受け止めることなどほとんどなく、毎日を嘲笑し、無関心に闊歩する。そしていつでも、ありとあらゆる“切り札”を袖に忍ばせている。”(公式ユニバースより

ツイステッド・フェイト-バイオグラフィー

物語 ダブルダウン 
 賞金稼ぎの赤毛の女が二丁拳銃を抜いたってそういうことなんですかね?

物語 燃え盛る波濤紹介記事あり
 長編

バイオグラフィー

  • 川の民というひとところに留まらず船旅をする行商人の一族に生まれた。カードの魔術を学んだ彼だが、嫌われることに慣れて偏見に立ち向かおうとしない大人たちに不満を抱えていた。あるとき賭博で負けた者たちが報復として襲い掛かってきた。家族に危害を加えられそうになって反撃したところ英雄と言われることはおろか掟に反すると言われ追放された。
  • 大人になった彼はギャンブラーとして生きてきた。物理的に負けを取り戻そうとする荒くれ者もいたので戦う術を身に着けるしかなかった。
  • マルコム・グレイブスと出会い組んで仕事をすることになるが、盗みに入った際グレイブスだけが捕らえられた。この件の後、彼は生まれついての名を捨て「ツイステッド・フェイト」と名乗るようになった。
  • ツイステッド・フェイトはギャンブラーとして富を築くが、あのギャンブラーが何故金にそこまで執着するのかは誰にもわからなかった。そして彼を捕らえることもできなかった。一度捕獲したところで翌朝にはカードだけを残して逃げ去ってしまうのだ。
    • ストーリー的にもultを活かしていくその姿勢良いぞ
  • 紆余曲折あったがついにグレイブスと和解。
    • この件については燃え盛る波濤を見てください(大事な事なのでもう一回)
  • あとカナヅチらしいよ

感想など

家族を守るために戦ったのにそれを否定された辛さよ。こういう話も切なくて好き。

あのultが盗みに役立たないわけないんだよなあ。

関連記事

公式関連チャンピオン

「俺が欲しいのはお前の金だ。お前の首じゃない。だから英雄になろうなんて考えるなよ」~ グレイブス "マルコム・グレイブスは傭兵、ギ...
「俺はてめえがズボンをションベンまみれにしてた頃にゃあ、殺しと略奪に明け暮れ、ノクサスの戦艦を沈めてたんだよ、小僧。あまり俺に構わな...
「リスクがでかければ、それだけ賞金もでかいの」~ ミス・フォーチュン "美貌で名高く、容赦のなさで恐れられるビルジウォーターの...

その他関連記事

ビルジウォーターは、ブルーフレイム・アイルと呼ばれる遠洋の群島内にある他に類を見ない独特な港町だ――海の怪物ハンター、港のギャング、...
燃え盛る波濤 物語 · 読了時間およそ50分  もえさかる……えっと、これなんて読むんですか? なるほど「はとう」、大きな波って意味なんで...
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする