【LoLストーリー】シン・ジャオ:デマーシアの家令長

「死は避けられない。できるのは敗北を避けることのみである」

~ シン・ジャオ

“シン・ジャオはデマーシアの王家に忠誠を誓った固い決意を持つ戦士だ。かつてはノクサスの闘技場で戦うことを強いられ無数の戦闘を生き延びてきたが、デマーシアの国王ジャーヴァン三世の部隊との戦闘を通して、ようやく彼は自らの過去と決別することを決意する。名誉ある大義のために自らを捧げる道を選んだシン・ジャオは、それからというもの愛用の三叉の槍を手に、どんな不利な状況でもあらゆる敵に大胆に挑み、新たな故郷となった王国のために戦っている。”(公式ユニバースより

シン・ジャオ-バイオグラフィー

物語 運命の航路 BY MICHAEL LUO

バイオグラフィー

パッチ9.6~

  • 元々はアイオニアの生まれ。シン・ジャオは漁船に乗る雑用係だったがノクサスの船によって連れ去られ、闘技場で戦わされることとなった。彼はかつて乗っていた漁船の名前を取り、ヴィスチェロと名乗った。
  • 清算人と呼ばれるノクサスの闘技戦士達の中でも不敗として観客を熱狂させ、ミノタウロスを倒した事すらあったシン・ジャオだったが、そんな彼ですら主に売り飛ばされデマーシアの軍隊と戦わされることになる。デマーシア国王ジャーヴァン三世の精鋭部隊、ドーントレス前衛隊を前にした絶望的な状況だったがシン・ジャオが逃げ出すことはなかった。
  • シン・ジャオは死を覚悟したが、国王によって解放された。このまま帰ることもできたが、彼はそうしなかった。デマーシアの為に戦う事を決めたのだ。こうして「デマーシアの家令長」は今に至るのである。

更新前の物語(何年前からこれだったかは定かではありません。ガリオやサイラスの時には彼はまだ更新されなかったのです)では「シン・ジャオはノクサスの闘技場で戦わされていた。当時ヴィスチェロと呼ばれていた彼だったがデマーシア国王によって救われたことをきっかけに国王に仕えるようになる」という内容でした。彼の本質を損なうことなく物語を膨らませた、非常に良いストーリーだと思います。

物語 運命の航路

  • シン・ジャオがデマーシア国王ジャーヴァン三世と出会った時の話。
  • 国王陛下だけではなく王子も居合わせたという。
  • この作品で出てくるティアナ・クラウンガードという女性はガレンラックスの叔母にあたる人(ガレンのバイオグラフィーより)
  • オーロンというのはかつてデマーシアという国が生まれたばかりの頃に存在した人。ポッピーにハンマーを託した。(ポッピーのバイオグラフィーより)

ライターのTwitter

翻訳:SejuPoro氏

関連記事

公式関連チャンピオン

https://loluni.net/alistar

「統治者は言葉によって成るかもしれぬが、歴史は行いによってのみ成る」 ~ ジャーヴァンⅣ "国王の一人息子であるジャーヴァン...
「この王国とその人々は、俺に何もかもを与えてくれた。ならば男子たるもの、全てを捧げて当然だろう?」 ~ ガレン "仲間からは好か...
「私は二つの世界から生まれた。だがそのどちらにも、居場所はない」 ~ シヴァーナ "シヴァーナは燃え盛る純粋な魔法を胸に秘めた存...

その他関連記事

魔法による戦争から逃れてきた人々が建国した国だよ だから魔法は邪悪なものだとして禁止されてるよ 団結力が特徴的だよ ...
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする