【LoLストーリー】レオナ:暁光の戦士

「太陽の輝きを手にしたければ、太陽のように燃えなさい」~ レオナ

“太陽の熱をもって闘志を燃やすレオナは、天陽の剣と暁の盾をもって霊峰ターゴンを守るソラリの騎士だ。彼女の肌は星の火のように煌めき、その瞳は内なる天の神髄の力で燃えている。黄金の鎧に身を包み、太古の真実という重責を背負う彼女は、ある者には啓示を、またある者には死をもたらす。”(公式ユニバースより

レオナ-バイオグラフィー

物語 光をもたらす者

バイオグラフィー

  • 戦いに明け暮れてきたラッコールの民の娘。レオナもまた幼い頃から戦いの才能を発揮してきた。
  • ラッコールの法では敵に慈悲をかけるなどあってはならないことであったが、黄金の肌を持つ少年をレオナは見つけた。その無力な化け物を殺さずに帰したらアトレウス(のちのパンテオン)に告発され決闘することになった。
  • お互いの実力は互角で決定打を与えられないまま進んだがソラリの長老が訪れ決闘の中止を命じた。それはレオナがソラリの予言の娘であり、天界に調和をもたらす存在であるという話であった。
  • ソラリの寺院でその教えを学んだレオナはラ・ホラック騎士団を率いるまでに成長した。
  • ある時ダイアナが訪れ、月を信仰する異端の教えルナリの話をし始めた。太陽と月は敵同士ではないと。長老たちは異端者は極刑に処するべきであると彼女の話を拒絶した。話が受け入れられないと知ったダイアナはソラリの長老達を虐殺し姿を消していった。
  • レオナはダイアナを追いかけ霊峰ターゴンへ登っていった。頂上にいたのはかつて見逃した黄金の肌を持つ少年であった。山頂にはターゴンの都市の幻影が見え、彼はレオナを待っていたという。
  • 神髄の力を、そして遥かなる時代の歴史の知識を授かったレオナは生まれ変わった。彼女は今でもレオナのままであるけれど、大いなる使命を与えられたのだ。
  • 今まで以上にレオナはダイアナを探しているのだ。

関連記事

公式関連チャンピオン

「私は、月の意志を駆ける光」~ ダイアナ "三日月形の剣を掲げ振るうダイアナは、霊峰ターゴンの周辺においては迫害により途絶えて...
「最高の武器とは美しいものだ」~ タリック "タリックは守護の神髄であり、ルーンテラの生命、愛、美の守護者として驚異的な力を発揮す...
星を作る強大な龍だがターゴンの人間から貰った王冠が隷属の魔法だった。ターゴンの力と共に拘束も弱まったので自由を取り戻そうとしている。 ...
★2019/7/30 VGUによるバイオグラフィー更新の感想記事書きました! 最高 もうLoreTierS+ 「我は...

その他関連記事

太陽に焼かれる岩山、霊峰ターゴンは、世界に類を見ないほどの山塊に囲まれる、ルーンテラでもっとも壮大な山である。人里離れた大自然の中にそび...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする