【地域紹介】シュリーマ

地域別紹介

地域の概要と物語

  • 砂漠の国。数千年前は大帝国だったらしい
  • 最近帝国時代の都市が復活したと噂になってる

シュリーマ帝国はかつて、広大な砂漠の全土を治める栄華を極めた文明だった。しかし発展と繁栄の時代は過ぎ、その光り輝く首都の凋落により帝国は滅亡した。何千年もの時を経て、シュリーマの栄華を誇った都市の物語は神話となり、散り散りになって生き残った者たちの子孫の間で信仰となった。

シュリーマの流浪の民たちの多くは過酷な土地で最低限の暮らしを保つために日々苦心している。ある者は数少ないオアシスを囲む居住地を守り、ある者は滅びた遺跡群に埋もれた宝を探し、またある者は幾ばくかの金を求めて傭兵となり、金を手にすればすぐにまた砂丘の中へと姿を消す。しかし今、砂漠の奥深くから聞こえてきたとある噂に多くの部族が揺れている。シュリーマの都市が再びその姿を現したというのだ。

公式ユニバースより

物語 鳥と止まり木 BY ARIEL LAWRENCE
 タリヤとヤスオの話

物語 砂塵の系譜 BY GRAHAM MCNEILL
 シュリーマのチャンピオン達が関わる長編
 タリヤがシヴィアを助ける
 ゼラスとの戦いを経て弟を取り戻すことを誓うナサス

物語 神々の黄昏 BY GRAHAM MCNEILL
 ダーキン絡みの話。古代シュリーマ。直接チャンピオンが出てくる話ではないのですがアジールの死やいずれシヴィアが手にすることになるチャリサーの話題が出てきています。

物語 イカシアのあった場所で BY GRAHAM MCNEILL
 シュリーマがイカシアと戦争してた時代の話。ジャックスなど。

※その他にも様々な物語がユニバースページからリンクされています

一枚でわかるシュリーマ

ヴァスタヤやクムングについては以下の記事もご覧ください

【種族紹介】ヴァスタヤ
ヴァスタヤはルーンテラに生息するキメラ的生物で、その血筋には人間の血と、人類の台頭以前に存在した種族が持っていた霊的魔力の両方が流れている。ヴァスタヤにはレンガーのように狂暴な野獣の力を持つ者もいれば、アーリのように狐のごとき魅惑の力を持つ...
【紹介】ストーリーアップデート・クムング編
パッチノート:物語エディション 今回のアップデートに関する詳細はこちらから。 クムングはシュリーマ東部のジャングル地帯で「独立した個別の地域ではない(チャンピオンの所属地域としてはシュリーマ扱い)」らしいのですが、ニーコ実装に際して...

ちなみに「砂塵の系譜」によるとアジールの姿は鷹らしいです

超越者って?

Q.超越者って何?
A.シュリーマの偉人が太陽の円盤という巨大な道具のもとで儀式を行い成功すると半神に生まれ変わる。「神将」とも呼ばれる。普通の人間よりははるかに長寿だが勿論死ぬ事もある。
なおダーキンは武器に封印された超越者の成れの果て。

シュリーマの時系列

ナサスとレネクトンが超越者に選ばれる

物語「イカシアのあった場所で」

アジールとゼラスが身分を超えた親友になる

超越者になろうとしたアジールをゼラスが裏切って国が滅ぶ

ナサスはレネクトンごとゼラスを封印するという苦渋の決断を迫られた

物語「神々の黄昏」
↓とても長い時間(数千年くらい?)
カシオペアに裏切られたシヴィアは死にかけるがアジールに助けられる

物語「鳥と止まり木」
 タリヤがヤスオと出会う話

物語「砂塵の系譜」
 シュリーマ長編

時系列の補足とか

「イカシアのあった場所で」

セタカという人物の描写から判断しました

  • シュリーマの女王で超越者
    • 「シュリーマ帝国の女王」なので少なくとも最後の皇帝であるアジールよりは前の時代の人
  • シヴィアが手にする遥か昔、チャリサーは彼女の持ち物だった
  • シュリーマ帝国時代、イカシアとの戦争でヴォイドに打ち倒され、ナサスに看取られる
    • ナサスは三世紀に渡りセタカと肩を並べて戦う栄誉を与えられていた
      • つまり「イカシアのあった場所で」時点ではナサスは超越者となっている

「神々の黄昏」

  • アジールとゼラスの死後
  • シヴィアが生まれるよりずっと昔

所属チャンピオン関連記事

https://loluni.net/amumu
【LoLストーリー】アジール:砂塵の皇帝
「かつてルーンテラにその栄華を誇ったシュリーマ。余が必ずや取り戻す」 ~ アジール "遥か昔、アジールは定命なるシュリーマの皇帝であり永遠の命を手にしかけた誇り高き男だったが、傲慢から生み出された裏切りによって、最大の偉業を成し...
【LoLストーリー】ナサス:砂漠の司書
「失われし栄華は復活の時を迎える」 ~ ナサス "ジャッカルの頭を持つ超越者ナサスは、古代シュリーマで生を受けた。威風堂々たる体躯を誇る彼を、砂漠の民は半神半人と崇めていた。頭脳明晰で学問を尊び、比類なき戦略家でもあったナサスは...
【LoLストーリー】ラムス:アーマージロ
「OK」 ~ ラムス "ラムス――謎に包まれたこの生き物を、聖なる存在と崇拝してやまない者は多い。一方で、ただの動物に過ぎないと見る者もいる。その素性は誰にも分からない。人々は棘の付いた甲羅を持つラムスについて様々な説を打ち...
【LoLストーリー】レネクトン:砂漠の解体屋
「血、そして復讐あるのみ」 ~ レネクトン "威圧的な巨体に怒りをみなぎらせた超越者レネクトンは、灼熱のシュリーマに生まれ出でた。レネクトンはかつて、帝国随一と目されていた戦士であった。彼の率いる軍隊は、シュリーマを数限りな...
【LoLストーリー】レンガー:孤高のハンター
「弱者を狩れば生き延びられるかもしれん。だが、強者を狩ることで本当の生を感じることができる」~ レンガー "獰猛にして卓越…ヴァスタヤのハンターであるレンガーは、危険な生物を追跡して殺す、そのスリルを味わうために生きている。彼は強...
【LoLストーリー】シヴィア:戦場の女王
パッチ9.1~ 「誰の金でも気にしないわ、きちんと払ってくれさえすればね」 ~ シヴィア シュリーマの砂漠で傭兵の一団を率いるシヴィアは、血も涙もない名将としてその名をあまねく轟かせ、砂漠では彼女に仕事を依頼する者たちが後を絶たな...
【LoLストーリー】スカーナー:水晶の尖兵
パッチ9.13~ 「我らは一つ。我らが砕けることは非ず」 ~ スカーナー スカーナーはシュリーマの隠された谷に生まれた巨大な水晶の蠍である。彼らはブラカーンと呼ばれ、その偉大な知恵と、魔力と深い繋がりを持つことで知られている。大き...
【LoLストーリー】タリヤ:ストーンウィーバー
「この世界は、私たち一人ひとりが織りなすタペストリーよ」 ~ タリヤ "タリヤは少女の好奇心と大人の責任感の間で揺れ動く、シュリーマ出身の流浪のメイジだ。強大さを増す自身の力の本質を知るためヴァロラン全域の旅を続けていた彼女...
【LoLストーリー】ゼラス:超越魔神
「生涯奴隷として過ごした経験が、私をお前たちの永遠の支配者とした」 ~ ゼラス "古代シュリーマの超越魔人ゼラスは、魔法の石棺の破片に封じられ、悶え苦しむ神秘のエネルギー体である。彼は数千年の間、砂漠の底に閉じ込められていたが、...
【LoLストーリー】ニダリー:半獣の狩人
「野生育ちには怖いものなんてない」 ~ ニダリー "ジャングルの奥深くで育ったニダリーは凶暴なクーガーに自由に姿を変えることができる追跡の天才だ。女性でも獣でもなく、彼女は巧妙に仕掛けた罠と素早い投げ槍で、あらゆる侵入者から徹底...
【LoLストーリー】ザイラ:茨の目覚め
「お友達はいないの?私のお友達は近くに沢山いるわよ」 ~ ザイラ "古代の魔法の大惨事の中で生まれたザイラは自然の怒りが具現化した存在であり、人間と植物が融合した妖艶な姿で、一歩進むたびに新たな生命を生み出していく。彼女はヴァロ...

その他関連記事

【種族紹介】ダーキン
大昔から恐るべき伝説の存在として知られてきたダーキンは、生ける武器であり、それを操ろうとする者はやがて例外なく堕落し、食い尽くされる。ダーキンはもともと偉大な戦士であったが、欺かれ、自らが戦場に携えていった剣や弓に封じ込められてしまった。そ...
【種族紹介】ヴァスタヤ
ヴァスタヤはルーンテラに生息するキメラ的生物で、その血筋には人間の血と、人類の台頭以前に存在した種族が持っていた霊的魔力の両方が流れている。ヴァスタヤにはレンガーのように狂暴な野獣の力を持つ者もいれば、アーリのように狐のごとき魅惑の力を持つ...
【紹介】ストーリーアップデート・クムング編
パッチノート:物語エディション 今回のアップデートに関する詳細はこちらから。 クムングはシュリーマ東部のジャングル地帯で「独立した個別の地域ではない(チャンピオンの所属地域としてはシュリーマ扱い)」らしいのですが、ニーコ実装に際して...

コメント

  1. SchokoMint より:

    一枚でわかるシュリーマのアジールの説明を読んだ際、大変申し訳無いのですが「コミュニケーションエラーで国が滅んだ。」で爆笑しました。

    • ろるゆに管理人 より:

      ありがとうございます ちなみに詳しく言うとこんな感じです↓
      【幼少期】アジール「我が親友ゼラスをいつか必ず奴隷から解放する」ゼラス「アジール…!」
      【その後】ゼラス「奴隷解放の件どうなりましたか」アジール「(これ貴族とかにバレたら奴隷解放果たせないから隠さなきゃ)お、お前奴隷だろ立場わきまえろよ」ゼラス(許さぬ)

      • SchokoMint より:

        詳しくありがとうございます。
        アジールとゼラスの話はほんとに切ないですよね・・・
        当時は悲しいすれ違いだと思いながら物語を読んでましたが、
        「コミュニケーションエラー」といえば確かにその通りなので爆笑しました。