【LoLストーリー】タリック:ヴァロランの守護者

「最高の武器とは美しいものだ」~ タリック

“タリックは守護の神髄であり、ルーンテラの生命、愛、美の守護者として驚異的な力を発揮する。軍務放棄の汚名を受けて故郷のデマーシアから放逐され、贖罪のために霊峰ターゴンに登ったタリックは、図らずも天上の存在からさらなる使命を与えられることとなった。いにしえのターゴンから力を授かったヴァロランの守護者は、密かに侵略を進めるヴォイドの穢れに対し揺るぎなき決意と共に立ち向かっている。”(公式ユニバースより

タリック-バイオグラフィー

物語 招かれざる客

コミック 転生

バイオグラフィー

  • デマーシア人。才ある軍人であり、デマーシアという国に忠誠を誓うことを期待されていたがタリックが惹かれたのは生命、愛、美といった、軍人としての評価からは遠いものであった。
  • その結果タリックは「デマーシア軍人」としての責務をサボり始める。かつての親友であったガレンはタリックがその才能を祖国の為に使わないことに激昂していた。
  • 左遷されたタリックは部下と共に何の意味があるかわからない、敵の脅威も全く見えない護衛を続けていた。こんな状態だからまあ大丈夫だろうと1人で抜け出して寺院を見に行ったわずかな隙に部下は殺されていた。ヴォイドの奴らによるものだった。
  • 生命を守るという自らの誓いを果たせず戻ってきたタリックは「石の王冠」の試練を課された。これは霊峰ターゴンに登ってこいというもので、生きて山から戻ってきたものはほとんどいないため実質的な死刑宣告であった。
  • とはいえこれは死ねというより一生デマーシアに戻ってくるなという意味合いが強い方便的なものであった。つまり山になど登らず祖国を去ることもできたのだが、タリックは罪を償うために霊峰ターゴンへと登った。
  • 霊峰ターゴンはタリックに試練を課した。様々な幻覚がタリックを襲った。ある時それは炎であり、また氷であり、親友の死であった。全ての試練を乗り越え山に登った彼は「守護者」と出会う。
  • こうしてタリックは新たな「神髄」となり、世界を脅かすものと戦うことになったのである。

感想など

リワークきっかけにタリック好きになったのを覚えています。ヴァロランの守護者っていう通り名がカッコいい。

タリックの部下を殺したヴォイドというのは、タリックの関連チャンピオンにヴォイド勢が特にいないのでひょっとしたらまだ実装されていなくてこれから来るのかもしれないと考察しています。

関連記事

公式関連チャンピオン

「太陽の輝きを手にしたければ、太陽のように燃えなさい」~ レオナ "太陽の熱をもって闘志を燃やすレオナは、天陽の剣と暁の盾をも...
「私は、月の意志を駆ける光」~ ダイアナ "三日月形の剣を掲げ振るうダイアナは、霊峰ターゴンの周辺においては迫害により途絶えて...
星を作る強大な龍だがターゴンの人間から貰った王冠が隷属の魔法だった。ターゴンの力と共に拘束も弱まったので自由を取り戻そうとしている。 ...
「真のチャンピオンを連れてこい。できぬなら、貴様のような輩100人でも構わん。そうすれば、末永く語り継がれる戦いになるだろう」~...
「この王国とその人々は、俺に何もかもを与えてくれた。ならば男子たるもの、全てを捧げて当然だろう?」 ~ ガレン "仲間からは好か...

その他関連記事

太陽に焼かれる岩山、霊峰ターゴンは、世界に類を見ないほどの山塊に囲まれる、ルーンテラでもっとも壮大な山である。人里離れた大自然の中にそび...
魔法による戦争から逃れてきた人々が建国した国だよ だから魔法は邪悪なものだとして禁止されてるよ 団結力が特徴的だよ ...
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする