【LoLストーリー】ルブラン:幻惑の奇術師

チャンピオン別紹介

「薔薇は闇の中では育たない。薔薇が枯れれば、闇が育つ…」~ ルブラン
“黒薔薇団の他のメンバーにとっても謎に包まれた存在であるルブランだが、その名前ですら、ノクサス建国初期からあらゆる人々や出来事を操ってきた色白な女が持つ複数の名前のひとつにすぎない。自らの分身を発生させる魔法を使い、この魔術師はいつでもどこにでも姿を現すことが可能で、複数の場所に同時に存在することもできる。その正体と同じく、常に裏で画策を続けるルブランの真の動機は誰にもわからない。”(公式ユニバースより

ルブラン-バイオグラフィー

物語 黒薔薇の棘 BY L J GOULDING

バイオグラフィー

  • 黒薔薇団(魔法使いの為の秘密結社。魔法という奇跡に引き寄せられた愚かな貴族達を食い物にする)の女首領。他にはエリスブラッドミアも黒薔薇団の一員
  • ノクサス建国にも関わっているほど昔から存在している。モルデカイザーの元部下であったが裏切りイモータル・バスティオンの無力化に暗躍した「青白い肌の魔女」
  • ノクサス帝国の歴史から闇の魔法を忘れさせた幻惑者
  • ボラム・ダークウィルを皇帝にしたが黒薔薇団の選んだ相談役の助言を断られたためスウェインが黒薔薇団の中核メンバーを処刑するように仕向けた
  • スウェインアイオニアでの戦争でイレリアに腕を切り落とされたというエピソードがあるが、どうやらその話でもルブランは裏で暗躍していたらしい
  • だが一度名誉を地に落としたスウェインはイモータル・バスティオンの悪魔の力を得てノクサスを掌握。ルブランは彼を宿敵と認識するように
  • そして彼女は今でもノクサスだけではなく様々な国に紛れ込み戦乱の種を撒いているのだ
  • リヴェンのルーンブレードにも関わっている様子

ところで黒い薔薇の花言葉には「あなたはあくまで私のもの」「恨み」「憎しみ」「永遠(永遠の愛と永遠の死と2方面に永遠のニュアンスがあるようです)」などがあり、権力者を掌で踊らせるルブランらしさを感じます。

関連記事

公式関連チャンピオン

【LoLストーリー】スウェイン:ノクサス帝国元帥
「私は多くを学び、人間の卑しさを知った。崇めるべきは、国家のみだ」~ スウェイン"ジェリコ・スウェインは、力のみを正義とする拡大主義国家ノクサスを率いる、先見の明を持つ指導者だ。アイオニアとの戦争で失権して重傷を負い、左腕を失った彼はし...
【LoLストーリー】エリス:蜘蛛の女帝
「美もまた力。そしてどんな剣よりも鋭く刺さる」~ エリス "冷酷無比な捕食者エリスは、ノクサスの古都の地下にある、光も差さない閉ざされた邸宅に棲む。かつては定命の者だった彼女は有力な一族の家長だったが、おぞましい半神に噛まれ、美しくも...

その他関連記事

【LoLストーリー】ダリウス:ノクサスの戦斧
「歴史に残るは勝者の名のみ。ノクサスと共に起て。己の名を永遠に刻むのだ」~ ダリウス"ノクサス国内で最も恐れられる百戦錬磨の戦士、ダリウス。彼ほど、同国の強さを体現するリーダーはいないだろう。貧しい育ちでありながら「ノクサスの戦斧」と呼ば...
【地域紹介】ノクサス
"ノクサスは恐ろしい評判を持つ強大な帝国だ。その国境の外にいる者にとっては、ノクサスは残酷な拡張主義を掲げる脅威であるが、その軍国主義の内側を覗けば、武勇と才能に敬意を払い、それを育てようとする、類稀な開かれた社会を目にすることになる。彼ら...

コメント