【LoLストーリー】エリス:蜘蛛の女帝

チャンピオン別紹介

「美もまた力。そしてどんな剣よりも鋭く刺さる」~ エリス

“冷酷無比な捕食者エリスは、ノクサスの古都の地下にある、光も差さない閉ざされた邸宅に棲む。かつては定命の者だった彼女は有力な一族の家長だったが、おぞましい半神に噛まれ、美しくも人間ではない何か——獲物を騙して巣におびき寄せる、蜘蛛のような生き物へと成り代わった。永遠の若さを保つため、エリスは世間知らずで信仰を持たない者を好んで餌食にする。その魅力に抗える者は少ない。”(公式ユニバースより

エリス-バイオグラフィー

物語 絡みつく糸

バイオグラフィー

  • 数百年前に生まれたノクサス貴族。
  • 夫の策略で美貌を失い表舞台から姿を隠していたところ闇の魔術が集う秘密結社「黒薔薇団」と出会う
  • 青白い肌の女」からシャドウアイルに行けば美貌を取り戻せるという情報を得た
  • 蜘蛛の神から得た力と美貌を保つ為、エリスは神に生贄を捧げている

 

美貌で男を手玉に取るとか、目的の為なら手段を選ばないとか、所属はシャドウアイルだけど、とことんノクサスらしい女性だと感じます。

一方「ノクサス生まれのシャドウアイル勢」という共通項を持つカーサスはノクサス人らしさというより「どこで生まれてもシャドウアイルに魅入られていただろう」というタイプ。

関連記事

公式関連チャンピオン

【LoLストーリー】ルブラン:幻惑の奇術師
「薔薇は闇の中では育たない。薔薇が枯れれば、闇が育つ…」~ ルブラン "黒薔薇団の他のメンバーにとっても謎に包まれた存在であるルブランだが、その名前ですら、ノクサス建国初期からあらゆる人々や出来事を操ってきた色白な女が持つ複数の名前のひと...
【LoLストーリー】ブラッドミア:真紅の死神
「時は私を賢くしたが、忍耐強くしたわけではない」 ~ ブラッドミア "ブラッドミアは定命の者の血に飢えた悪鬼であり、帝国の建国当初からずっとノクサスの政治に影響を与えてきている。彼は異常なやり方で自らの命を長らえているだけでなく...

その他関連記事

地域紹介:シャドウアイル
シャドウアイルにはかつて美しい世界が広がっていたが、魔術によって引き起こされた大災害により、いまや見る影もなくなってしまった。大地は汚され荒廃し、“黒い霧”が島々を常に覆っている。シャドウアイルに降り立てば生者は徐々にその生命力を奪い取られ...
【地域紹介】ノクサス
"ノクサスは恐ろしい評判を持つ強大な帝国だ。その国境の外にいる者にとっては、ノクサスは残酷な拡張主義を掲げる脅威であるが、その軍国主義の内側を覗けば、武勇と才能に敬意を払い、それを育てようとする、類稀な開かれた社会を目にすることになる。彼ら...

コメント

  1. たまやで より:

    公式で美女と公言されているチャンプは例えばケイトリンなど他にもいますが、ノクサスはエリスやカシオペア(美貌を活かしスパイ活動)、アニーちゃん(天涯孤独になったがカワイイのでつい助けてあげたくなる)ブラッド(ちょっと微妙ですが現設定で崇拝者がいる様子、旧設定であるリーグの審判で美しいような描写がある)など「美しさ(可愛さ)そのものを武器に生きる」チャンプが多い気がします。