【LoLストーリー】カミール:スチールシャドウ

「私の仕事は正確無比」~ カミール

“フェロス一族のエレガントな主席スパイであるカミールは、法の及ばぬ領域で活動するために機械の体になった。彼女の使命はピルトーヴァーというシステムと、内包するゾウンがスムーズに動作し続けるよう保つことにある。正確無比で適応力に富む彼女は、雑な手際は恥ずべき汚点とみなしている。その身にまとう刃にも劣らない鋭い意志で、己の能力を極めるためにヘクステック技術による身体拡張を繰り返すカミールを、もはや女性ではなく機械なのではないかと考える者も多い。”(公式ユニバースより

カミール-バイオグラフィー

コミック カミール:偽りの絆

物語 灰色の貴婦人とのお茶会 

物語 この上なく弱き心
 長編だよ

時系列は「偽りの絆」→「この上なく弱き心」

2019シネマティックトレーラー Awaken (ft. Valerie Broussard)
 紹介記事あり

バイオグラフィーなど

  • ピルトーヴァー屈指の貴族。ブラカーンの水晶を原料としたヘクステック技術で名を上げた一族フェロス家に生まれる。
    • 原料となったブラカーンというのはスカーナーが属する種族で、彼の視点だとまた違った物語が描かれています
  • カミールは一族を繁栄させるという役目を背負う為にありったけの教育を受ける。しかし虚弱な弟ステヴァンは家族の期待を背負ったカミールに嫉妬していた。
  • ゾウンの暴漢から襲撃を受ける事件がきっかけで両親を失った。この出来事からカミールは力を求め、ハキムというシュリーマ生まれの男に心臓を機械化する手術を依頼した。やがて二人は惹かれあった。カミールは駆け落ちを持ちかけられ葛藤するが、弟が襲撃された事を知り使命の為断った。
    • ヘクステックの人工心臓。実は義手などの人工器官職人だったオリアナも作ったことがあります。これを見ると間接的にハキムの技術力の高さが感じ取れますね。
  • 人工心臓により老いなくなったカミールと老いていく弟。弟の目的がいつの間にか家の為から私欲に変わっていたことを知ったカミールは自らの手で弟を手にかけ一族を掌握した。

  • ケイトリンの両親を襲撃した”C”という存在と関係があるようです。これはスウェインの台詞で語られています。ひょっとして本人?
  • エコーの物語「子守唄」でクラン・フェロスという名前が出ています。

関連記事

公式関連チャンピオン

「最高のハンターになるには、獲物の気持ちがわからなくてはね」 ~ ケイトリン "ピルトーヴァー一の保安官として有名なケイトリ...
天才冒険家。遺跡で見つけた魔法のガントレットを手に世界を駆け回っている。ラックスと良い感じだったりゾーイに好かれたりモテるイケメン。 ...
「お前が今日しでかした中で一番愚かなことは、俺と戦おうと決めたことだ――降参するなら今だぞ」 ~ ジェイス "ジェイスはピル...
「機械化された心臓は決して鼓動を乱さず、感情に惑わされることもない。肉と血でできた脆弱な筋肉の塊などに、なぜ命を預けられる?」~...
元はゾウンの犯罪者だったがピルトーヴァーで治安維持を担う。ケイトリンの相棒であると同時にジンクスと因縁がある。 「顔面か腹か、ぶん...
自家製タイムマシンで友人のピンチを救うゾウンのストリートチルドレン。 「オレの装置は、思った通りに動かなかった時が一番スゴイんだ…...
事故で全身を機械に取り換えざるを得なかった少女。『人間だった頃の少女』の立ち振る舞いを父親に求められる窮屈さを感じて旅立つ。 「繭...
「血を流せ…獣をおびき寄せろ!」~ ワーウィック "ワーウィックはゾウンの灰色の路地で狩りをする怪物だ。苦痛を伴う実験によって...

その他関連記事

ピルトーヴァーは活気のある進歩的な都市であり、その力を徐々に増しつつある。ヴァロランの文化の中心地としても栄えており、芸術、工業、貿...
2019年シーズン9開始、もうすぐですね。 トレーラーツイートが来ましたので早速紹介させていただきます 2019シネマティックトレーラー...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする