【LoLストーリー】ガングプランク:大海原の大災厄

チャンピオン別紹介

「俺はてめえがズボンをションベンまみれにしてた頃にゃあ、殺しと略奪に明け暮れ、ノクサスの戦艦を沈めてたんだよ、小僧。あまり俺に構わないほうが身のためだ」~ ガングプランク

“気まぐれにして残忍、「略奪の王」を名乗るもその玉座を追われたガングプランクの名は、七つの海に轟き恐れられていた。かつてビルジウォーターの港町を牛耳っていた彼だが、その座を奪われた今、逆に彼はさらに危険な存在になったと考える者もいる。誰かにこの街を奪われるくらいなら、ガングプランクは再びビルジウォーターを血の海にしてやるだろう。ピストル、カトラス、火薬の樽を携え、彼は何としてでも奪われたものを取り返すつもりだ。”(公式ユニバースより

ガングプランク-バイオグラフィー

物語 海へと溢れる血

物語 重荷
イラオイのcolor-storyですがガングプランクも登場するのでこちらに掲載。

物語 燃え盛る波濤紹介記事あり
ビルジウォーター長編。色々なチャンピオンが出てくる。

バイオグラフィー

  • 広く恐れられていた海賊。それがガングプランクだ。アイオニアでは「影の一団」の怒りを買い、ノクサス将軍スウェインの旗艦を奪い、また、ミス・フォーチュンの親を殺した張本人でもある。
  • 高額の賞金首となったガングプランクを捕らえることは誰にもできなかった。やれるものならやってみやがれと自分の手配書を張り出させるくらいだ。
  • しかしガングプランクは失墜した。ミス・フォーチュンの手で船ごと爆破されたのだ。ガングプランクは死んだと思われ、無敵の王が不在となった今ビルジウォーターでは新たな権力争いが始まった。
  • しかしガングプランクは一度失墜した程度で黙る男ではない。

さて、そんな彼の初恋の相手はイラオイという話があります。ASK RIOT ビルジウォーターとバランス調整によると

Q.ガングプランクは今でもイラオイのことが好きなんですか?
A.はい。でも複雑な心境みたいです。

とのこと。

 

関連記事

公式関連チャンピオン

【LoLストーリー】ミス・フォーチュン:美貌の賞金稼ぎ
「リスクがでかければ、それだけ賞金もでかいの」~ ミス・フォーチュン"美貌で名高く、容赦のなさで恐れられるビルジウォーターの船長サラ・フォーチュンは、面の皮の厚い港町の犯罪者たちの中でも一線を画して不屈である。子供の頃、略奪王のガングプ...
【LoLストーリー】スウェイン:ノクサス帝国元帥
「私は多くを学び、人間の卑しさを知った。崇めるべきは、国家のみだ」~ スウェイン"ジェリコ・スウェインは、力のみを正義とする拡大主義国家ノクサスを率いる、先見の明を持つ指導者だ。アイオニアとの戦争で失権して重傷を負い、左腕を失った彼はし...

ノクサスの大将軍スウェインの旗艦でありノクサス海軍の誇りであるリヴァイアサン号を強奪したことで、大将軍自らも海賊ガングプランクを八つ裂きにする誓いを立てているともいわれている。

【LoLストーリー】ゼド:影の頭領
「均衡は愚者の教えなり」~ ゼド "無慈悲で非情なゼドは、ノクサスの侵略者たちを追い出すためにアイオニアの伝統的な魔法と武術を軍事利用することを目的とした組織、「影の一団」の頭領である。戦争のさなか、追い込まれた彼は強力だが危険な穢れ...

アイオニアにおいてはジャギドナイフ寺院を略奪したことで危険な「影の一団」の怒りを買い

【LoLストーリー】イラオイ:海の女司祭
「知恵とは、往々にして脳天への衝撃のことを言う」~ イラオイ "イラオイは頑強な巨体の持ち主だが、その不屈の信仰心はそれ以上に大きい。「大いなるクラーケン」の預言者である彼女は、巨大な黄金の偶像を使って敵の魂を肉体から引き剥がし、現実...
【LoLストーリー】ツイステッド・フェイト:不敗のイカサマ師
「負けることがないなら、それはギャンブルじゃない…」~ ツイステッド・フェイト "たかが知れたこの世界でギャンブルし、魅了することで渡って来たツイステッド・フェイトは悪名高きいかさまトランプ師である。この詐欺師は、成金や愚か者ども...
【LoLストーリー】グレイブス:無法者
「俺が欲しいのはお前の金だ。お前の首じゃない。だから英雄になろうなんて考えるなよ」~ グレイブス "マルコム・グレイブスは傭兵、ギャンブラー、泥棒としてその名を知られた存在で、訪れたあらゆる街や帝国で指名手配されている。激しい気性なが...

その他関連記事

地域紹介:ビルジウォーター
8/15 テイルズ・オブ・ルーンテラ日本語音声版追加ビルジウォーターは、ブルーフレイム・アイルと呼ばれる遠洋の群島内にある他に類を見ない独特な港町だ――海の怪物ハンター、港のギャング、そして密輸業者が巣食うこの街は、幸運の女神が微笑んだか...
【小説紹介】燃え盛る波濤
燃え盛る波濤 物語 · 読了時間およそ50分  もえさかる……えっと、これなんて読むんですか? は‐とう〔‐タウ〕【波×濤】 の解説 大きな波。大波。「万里の波濤を越えて行く」 波濤-goo辞書  なるほど「はとう」、大き...

コメント