【種族紹介】ダーキン

Q.ダーキンって何者?

A.持ち主を乗っ取る生きた武器。実はヴォイドと戦った超越者のなれの果てが武器に封印されたもの。

大昔から恐るべき伝説の存在として知られてきたダーキンは、生ける武器であり、それを操ろうとする者はやがて例外なく堕落し、食い尽くされる。ダーキンはもともと偉大な戦士であったが、欺かれ、自らが戦場に携えていった剣や弓に封じ込められてしまった。そしてその武器は、二度と定命の世界を脅かさぬよう人目を避けた場所に隠されたのである。しかしルーン戦争が引き起こした大変動によって、ダーキンの真の出自やルーンテラの生命に与えた脅威については、ほとんどが忘れ去られてしまった。

その後の数百年間、ダーキンの武器のうちのいくつかは、無知な者、あるいは野心的な者によって再発見され、より強靭な宿主を新たに見つけるべくすでに動き始めている。報いのときは近い――ダーキンはいずれ復讐を果たすだろう…

公式ユニバースより

公式ページ

ダーキン:ユニバース

物語 ダーキンの伝説

物語 神々の黄昏
 「元超越者」という側面の為、シュリーマとも縁が深い長編作品。それゆえシュリーマ所属のチャンピオンについても言及されています。
 あとゾーイ本人ではないとのこと。

概要

  • 元超越者(アジールとかナサスとかと同じ種族です。動物の頭を持った人型存在に生まれ変わったシュリーマの偉人)。イカシアの反乱軍が呼び出したヴォイドと戦ううち心が闇に呑まれてしまった者達。
    • この辺りは(別の視点からになりますが)小説「イカシアのあった場所で」にてイカシアとシュリーマの戦争が描かれています。
  • アジールが一度死に、シュリーマが滅亡した時「太陽の子」という超越者陣営と対立。
  • そして「ダーキン」、堕ちたる者という意味を持つその名で呼ばれることとなった。
  • ヴォイドとの戦いで心を蝕まれ闇の魔術に手を染めた彼らは戦争を引き起こす。それが「ダーキン大戦」であった。その争いはシュリーマだけに留まらず世界に広がり、いくつもの国を滅ぼしたがついに対抗策が見つかる。
  • ターゴンの人々が神髄の知識を得て、ダーキンを武器に封印するという方法をとったのだ。その後長い時が流れる。
  • 現在ダーキンは厳重に封じられているがいくつかは解き放たれ宿主を得ている。完全に相手の肉体を支配すれば持ち主の自我を完全に奪えるが、そこに至っていないものもいる。
    • 「2人の人間と融合してひとつになった」というパターンもある(ヴァルス)
    • ダーキンの侵食を逆に跳ね除けて持ち主が支配するという可能性も?(青ケイン)
      • これに関しては下記のエイトロックスAMAで言及されてます

エイトロックスAMA(翻訳:SejuPoro氏)でも設定が語られています。「人間にしか憑依できないの?」「今でも全部で5人?」「エイトロックスってどれくらい強いの?」などの質問に回答されています。

昔の設定としては「生きた武器。古代種族。5人いる」って感じだった様子。

所属チャンピオン関連記事

「あの子供はもういない。ここにいるのは殺し屋だ」~ ケイン "恐るべき影の魔術の卓越した使い手であるシエダ・ケイン。彼は己の真の運...
かつてシュリーマの超越者だったがヴォイドに穢され剣に封印された。持ち主を乗っ取り世界を壊そうとしている。 「希望すら、壊さねばなら...
妻子と使命の間で揺れ結局後者を選んだ男が紆余曲折経て生きた弓として二人の深い絆で結ばれた男たちと融合する。 「我々を絶滅に至らしめ...

その他関連記事

地域の概要と物語 砂漠の国。数千年前は大帝国だったらしい 最近帝国時代の都市が復活したと噂になってる シュリーマ帝国は...
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする