【LoLストーリー】トリンダメア:孤高の蛮王

「怒り。それが我が武器」

~ トリンダメア

“決して鎮まることのない激しい怒りに駆り立てられたトリンダメアはかつて、暗雲のかかる未来に備えるために北方に名をはせる最強の戦士たちに次々と戦いを挑み、フレヨルド中に知られる存在だった。この激怒する蛮族は何年も同胞を滅ぼした者への復讐を果たそうとしていたが、最近になってアヴァローサ族の戦母、アッシュと関係を結び、結婚の契りにより同盟を築いた。彼の人間離れした腕力と精神力は伝説となっており、幾度となく絶対的に不利な状況を覆して新たな仲間たちに勝利をもたらしている。”(公式ユニバースより

トリンダメア-バイオグラフィー

バイオグラフィー

  • 猪神を崇める武勇に優れた部族だったが「角を生やした巨大な何者か」に襲われる。敗北するが、しかしトリンダメアは殺されなかった
    • “侵入者が冷酷無比な生ける剣を振るうのを見ているうちに” ってまさかエイトロックスだったりする?
  • 復讐心は燃え上がっていたがトリンダメアには部族の生き残りを守る使命があった。もはや頼れるのはアヴァローサの生まれ変わりが現れたという噂だけだった
  • 同胞を守る為にアッシュと政略結婚。そののち2人の間には愛が育まれていった

関連記事

公式関連チャンピオン

理想主義者の女族長。最近トリンダメアとの政略結婚設定が戻ってきた。 「一つの一族。一つの民。フレヨルドを一つに」 ~ アッシュ...

https://loluni.net/braum

かつてシュリーマの超越者だったがヴォイドに穢され剣に封印された。持ち主を乗っ取り世界を壊そうとしている。 「希望すら、壊さねばなら...
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする