【LoLストーリー】スウェイン:ノクサス帝国元帥

「私は多くを学び、人間の卑しさを知った。崇めるべきは、国家のみだ」~ スウェイン

“ジェリコ・スウェインは、力のみを正義とする拡大主義国家ノクサスを率いる、先見の明を持つ指導者だ。アイオニアとの戦争で失権して重傷を負い、左腕を失った彼はしかし、非情なまでの決意によって帝国の支配権を握った…その新たな悪魔の腕で。スウェインは今、自ら前線に立って指揮を執り、自らにしか見えない闇――影のような鴉たちが周囲の死体から集めた、意識の片鱗に映った闇にに立ち向かうべく、進軍を続けている。多くの秘密と犠牲が彼を中心に渦巻くが、最大の秘密は、真の敵は内側にいる、ということだろう。”(公式ユニバースより

スウェイン-バイオグラフィー

物語 漆黒の火薬

物語 強さの原理
 ダリウスも出てきます。

バイオグラフィー

  • ノクサス帝国の名門貴族に生まれる
  • 黒薔薇団の陰謀を暴き中核を処刑。ただしここにはルブランの陰謀があったという。
  • 軍人としての生活でノクサスの力について考え直す。戦いに求められるのはその活躍だけであり、血筋ではないのだ。
  • シュリーマ方面への領土拡大に貢献。しかしノクサス皇帝ボラム・ダークウィルは死を恐れ、寿命を延ばす手段を探し無茶な侵略を繰り返しているのであった。
  • アイオニア侵攻でも寿命を延ばす物を探して来いという無謀なダークウィルの命によって軍勢を減らされたスウェインはついにプラシディウムの戦いでイレリアに左腕を切り落とされる
  • その敗北で一旦は軍を追放されたが、イモータル・バスティオンに隠されていた悪魔の力を我が物にする方法を得てノクサスを掌握。彼の新たな左手はその力によるもの。
  • ダークウィル皇帝が欲望への執着から無謀な戦争を仕掛けたことを反省し1人に権力を集中させるのではなく3人のリーダーを擁する三頭政治体制「トリファリックス」を設けた
    • ノクサスの「強さの3つの原理」を体現したポジションが与えられているのだ。「予見」のスウェイン、「力」のダリウス、そして「狡智」は不明。

感想など

 ところで見てて思ったんですが公式のチャンピオンページから見られる関連チャンピオンの順番って意味があるんでしょうか。関連順? ルシアンから見て一番上がスレッシュだしMFは関連チャンピオンの一番上GPだし。ちなみにスウェインの場合一番上がルブランです。ストーリーでこの二人の宿敵関係がクローズアップされているので妥当なところですね。でもビクターとジェイスはお互いの順位が低めか。あまり深い意味はないのかな。

 あと新チャンピオンの更新したタイミングで既にいるチャンピオンも関連更新してくれたら嬉しいなとちょっと思ってます。アニビアの関連チャンピオンにオーン入れてほしいしゼドの関連チャンピオンにケイン入れてほしい。あ、でもカイ=サカサディンが関連チャンピオンに入ってないのか。いてもいいと思うんだけどなあ。

 あと、この物語から今のノクサス帝国の体制ができたのは結構最近だということもわかります。アイオニアとの戦争が10年前で、それから何年もかけて準備してダークウィル皇帝を叩き潰したとのことなので。

関連記事

公式関連チャンピオン

「薔薇は闇の中では育たない。薔薇が枯れれば、闇が育つ…」~ ルブラン "黒薔薇団の他のメンバーにとっても謎に包まれた存在であるルブ...
「歴史に残るは勝者の名のみ。ノクサスと共に起て。己の名を永遠に刻むのだ」~ ダリウス "ノクサス国内で最も恐れられる百戦錬磨の...
「…私の忠誠心を疑うか。私がどれほどの物を背負っているか、お前には永久に分かるまい」~ カタリナ "優れた判断力と必殺の格闘技...

https://loluni.net/draven

「時は私を賢くしたが、忍耐強くしたわけではない」 ~ ブラッドミア "ブラッドミアは定命の者の血に飢えた悪鬼であり、帝国の建...

その他関連記事

"ノクサスは恐ろしい評判を持つ強大な帝国だ。その国境の外にいる者にとっては、ノクサスは残酷な拡張主義を掲げる脅威であるが、その軍国主...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする