【LoLストーリー】ダイアナ:嘲りの月

チャンピオン別紹介

 

「私は、月の意志を駆ける光」~ ダイアナ

“三日月形の剣を掲げ振るうダイアナは、霊峰ターゴンの周辺においては迫害により途絶えて久しいルナリの教えに信仰を寄せる女戦士だ。闇の中で冷たく輝く真冬の雪を思わせる鎧を身にまとうその姿は、まさに銀月の力の具現と呼ぶに相応しい。そびえ立つ霊峰ターゴンの頂の向こうから神髄を授かったダイアナは、もはや人間を超越した存在となり、自身の力とこの世における存在意義を見出そうと模索している。”(公式ユニバースより

ダイアナ-バイオグラフィー

物語 ある晩の仕事 

バイオグラフィー

  • 太陽信仰の村で異端とされる月に魅入られた少女。「神髄」となる前は黒髪だった。
  • ソラリの教えに疑問を抱いていたダイアナだったが、彼女は寺院の古文書からかつてルナリという月を信仰する者たちがいたことを知ってしまう。
  • 老婆がターゴンを登頂しようとしていた。明日の朝までにたどり着かなければならないと言っていたが、そんなことは明らかに不可能であった。
  • 最も価値のある者だけが登頂への挑戦を許される、そしてダイアナは自身に価値を見出したことはなかった。老女を助け共に山を登るなど、教えに反するものであるのは明らかだった。それでもダイアナは、そうすることにした。
  • そしてダイアナは、一晩で山を登りきってしまった。ターゴンの都市の幻影がダイアナを出迎えていた。共に山を登った老女はどこにもいなかった。ただダイアナの肩にかけられたマントだけが、老女がいたという証であった。こうしてダイアナは月の神髄に選ばれた。
    • これはターゴンの地域ページで見れるんですけど、実は山そのものが伸縮しておりましてある人は数ヶ月かかるのにある人は一日で登頂するってこともあるんだそうです。
  • ダイアナはふと月光に照らされた洞穴を見つける。そこには銀と金の戦士たちが互いに背を預け押し寄せる怪物たちと戦う壁画、三日月形の剣と銀の鎧があった。鎧に触れたダイアナの中に歴史が、彼女のものではなかった記憶が流れ込んできた。
  • 太陽と月は敵同士ではなかった」ルナリの真実を語るダイアナに与えられたのは異端者の汚名であり長老たちはダイアナは極刑に処するべきであると告げる。拒絶されたダイアナの怒りは長老達の命を奪い、ダイアナは自分が振るった力に怯え逃げ出した。
  • ラ・ホラック騎士団から逃げながらダイアナは真実を追い求めている。
  • ちなみにナミが月の神髄を探している、という話もあります。この話ではナミは月の神髄を求めるならアイオニアに行けと言われています。
    • “月と潮は兄妹のようなもの。月がどこへ行こうと、潮呼びの杖はそこに引き寄せられるのだ。”-ナミ ショートストーリー「ファーストステップ」より

感想など

 レオナと対になっているところも好きなのですが、ナミの物語でダイアナが関わってくるところが「潮の満ち引きは月の引力によって引き起こされる」って感じで好き。

関連記事

公式関連チャンピオン

【LoLストーリー】レオナ:暁光の戦士
「太陽の輝きを手にしたければ、太陽のように燃えなさい」~ レオナ "太陽の熱をもって闘志を燃やすレオナは、天陽の剣と暁の盾をもって霊峰ターゴンを守るソラリの騎士だ。彼女の肌は星の火のように煌めき、その瞳は内なる天の神髄の力で燃...
【LoLストーリー】タリック:ヴァロランの守護者
「最高の武器とは美しいものだ」~ タリック "タリックは守護の神髄であり、ルーンテラの生命、愛、美の守護者として驚異的な力を発揮する。軍務放棄の汚名を受けて故郷のデマーシアから放逐され、贖罪のために霊峰ターゴンに登ったタリックは、...
【LoLストーリー】オレリオン・ソル:星を創りし者
「怯え。崇拝。命乞い。どれも当然の反応だ」 ~ オレリオン・ソル "かつては何もない巨大な虚空であった天界に、己が生み出した驚異を美しく飾っていたオレリオン・ソル。しかし、彼はターゴンの神髄たちの罠にかかり、自らが創り出した太陽...
【LoLストーリー】パンテオン:軍神
★2019/7/30 VGUによるバイオグラフィー更新の感想記事書きました! 最高 もうLoreTierS+ 前の話がこちら 「我は永遠となる… 今日この日は神々の記憶に刻み込まれるだろう!」 ~ パンテオン ...

その他関連記事

【地域紹介】霊峰ターゴン
太陽に焼かれる岩山、霊峰ターゴンは、世界に類を見ないほどの山塊に囲まれる、ルーンテラでもっとも壮大な山である。人里離れた大自然の中にそびえる霊峰ターゴンは完全に孤立しており、最も意志の強い探求者でなければ、到達することは不可能である。多くの...
【LoLストーリー】ナミ:潮呼びの巫女
「すべての流れは私が決める」~ ナミ "向こう見ずな性格の海の若きヴァスタヤであるナミは、ターゴン人たちとの間で太古から続いていた協約が破られた時、マライの民として初めて海を離れて陸地に上がることになった。それ以外に方法がなか...

どうやらナミが探しているようですよ?

コメント