【LoLストーリー】サイオン:不死身の重戦車

「戦争に終わりはない…そして俺の命にも」

~ サイオン

“かつてデマーシア王を素手で絞殺したことでノクサス中で崇敬されていた過去の猛将サイオンに死の安らぎは許されず、再び帝国に仕えるために復活させられたのだ。邪魔する者は敵も味方も見境なく虐殺する彼に、もはやかつての人間性は残っていない。その腐った肉体には乱雑に造られた鎧が直接ボルト止めされ、敵に突撃しては強力な斧で薙ぎ払う。そんな中でサイオンは、必死になってかつての自分の姿を思い出そうとしていた。”(公式ユニバースより

サイオン-バイオグラフィー

物語 狂気の檻

2019シネマティックトレーラー Awaken (ft. Valerie Broussard)
 紹介記事あり

バイオグラフィー

  • 生前の彼は敵からも味方からも恐れられるノクサスの将であった。侵攻を食い止められノクサス領ヴァルディスまで押し返された時、これ以上攻め込んでこないみたいだしこのままデマーシア軍帰らせちゃいましょうよと言った指揮官を城郭から投げ飛ばした。
  • 逃げる事などないサイオンはデマーシア王(話によるとジャーヴァン1世だそうです)を絞殺するが相打ちになる。サイオンの遺体はイモータル・バスティオンに運び込まれた。
  • しかし彼はボラム・ダークウィルの時代になって黒薔薇団の魔術によって蘇らせられた。敵も味方も関係なく破壊するようになったサイオンは封印される。その後ダークウィルに代わって帝国を掌握したスウェインの命で解き放たれ、かつて離反したヴァルディスの街を破壊し、ノクサス領へと取り戻した。
  • 敵にも味方にも甚大な被害を与えるサイオンは封印されており、彼を必要とする戦いの際に解き放たれるのだ。

関連記事

公式関連チャンピオン

「私は多くを学び、人間の卑しさを知った。崇めるべきは、国家のみだ」~ スウェイン "ジェリコ・スウェインは、力のみを正義とする拡大...
「統治者は言葉によって成るかもしれぬが、歴史は行いによってのみ成る」 ~ ジャーヴァンⅣ "国王の一人息子であるジャーヴァン...
 LoLチャンピオン別ストーリー紹介、ガリオ編です。彼は像と勘違いされた修行僧ではなく今度こそちゃんと動く石像です。 大都...
家族を殺され、全ての化け物に復讐を誓う。たとえそれが……。 「お前たちみたいなバケモノを殺すのは、それが正しいからじゃない。楽しい...
ノクサス生まれだがゾウンに送られ生きるか死ぬかの瀬戸際を送ったことで無政府主義者になった。 「人の価値を測る方法は一つしかない...
「…私の忠誠心を疑うか。私がどれほどの物を背負っているか、お前には永久に分かるまい」~ カタリナ "優れた判断力と必殺の格闘技...

その他関連記事

"ノクサスは恐ろしい評判を持つ強大な帝国だ。その国境の外にいる者にとっては、ノクサスは残酷な拡張主義を掲げる脅威であるが、その軍国主...
2019年シーズン9開始、もうすぐですね。 トレーラーツイートが来ましたので早速紹介させていただきます 2019シネマティックトレーラー...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする