【LoLストーリー】ジン:孤高の芸術家

「芸術にはある種の感性が求められるのだよ……残虐性というね」~ ジン

“ジンは殺人を芸術であると信じてやまないサイコパスである。かつてアイオニアの牢獄に囚われていた緻密で周到な連続殺人犯は、同国の最高評議会の暗部により釈放され、彼らの陰謀を実行する暗殺者となった。ジンにとって、銃とは絵筆に他ならない。その筆先から生み出される作品は芸術的なまでに残酷であり、犠牲者とオーディエンスは身を震わせながら見ていることしかできない。身の毛もよだつ戯曲を上演することに歪んだ愉悦を覚える彼は、“恐怖”という強烈なメッセージを世に伝えるのに最適なアーティストなのだ。”(公式ユニバースより

ジン-バイオグラフィー

物語 鋼の杖を持つ男

2019シネマティックトレーラー Awaken (ft. Valerie Broussard)
 紹介記事あり

バイオグラフィー

  • アイオニア南部のジウン地方で連続殺人事件が起こっていた。遺体を芸術として「展示」する犯人は「黄金の悪魔」と呼ばれ捜索されていたがその手掛かりは掴めなかった。
  • 大師範クショー、その息子シェン、そしてクショーの弟子ゼドの3人は4年もの歳月を費やし疲弊しながらもついに「黄金の悪魔」ことカダ・ジン(本名ですらないらしい)を追い詰める。大犯罪者の割には、彼は一見すると普通だった。
  • ゼドはジンを殺すべきだと言ったがクショーはツーラ牢獄へ送るに留めた。シェンは反対しながらも受け入れたが、ゼドにはその判断は受け入れられなかった。
  • 獄中のジンは「礼儀正しく内向的」で「優秀な生徒」だったがサイコパスは治らなかったらしい。
  • 一方外では、ノクサス帝国の侵略を受けた事でアイオニアは混乱を極めていた。アイオニアの最高評議会はジンを殺人兵器として利用する事に決定し、「黄金の悪魔」は世に解き放たれたのである。

彼と「4」の話

やたらと4に縁のある人。パッシブは通常攻撃4回ごとにリロード、Qは4回バウンド、勿論ultも4発。Jhinで4文字だしね。「ゼドより4つ年上」らしい。四と死をかけているという話は英語版のwikiでも言及されています。

タム・ケンチに対して「台詞が多すぎだ!」と自分の事は棚に上げて言う所もある。

あとはこれ。The real reason why Jhin loves the number 4(下記画像)が秀逸だった。

「Jhinの名前をキーボードで辿ると4になる」

関連記事

公式関連チャンピオン

「恐怖、嫌悪、愛などにその目を曇らされること無かれ - 均衡を乱そうとする全ての感情に」~ シェン "シェンは「均衡の守人」と...
「均衡は愚者の教えなり」~ ゼド "無慈悲で非情なゼドは、ノクサスの侵略者たちを追い出すためにアイオニアの伝統的な魔法と武術を軍事...
祖国を侵略者から守るためには自分が所属する組織のやり方では駄目だと感じて出ていった。 チャンピオントレーラー アカリ:主なき暗殺者 ...

その他関連記事

一言で:魔法が自然のものとして受け入れられている島国。全体的にアジアっぽい雰囲気。10年くらい前にノクサスが侵略してきた事があって一度追い払...
2019年シーズン9開始、もうすぐですね。 トレーラーツイートが来ましたので早速紹介させていただきます 2019シネマティックトレーラー...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする