【LoLストーリー】ブラッドミア:真紅の死神

「時は私を賢くしたが、忍耐強くしたわけではない」

~ ブラッドミア

“ブラッドミアは定命の者の血に飢えた悪鬼であり、帝国の建国当初からずっとノクサスの政治に影響を与えてきている。彼は異常なやり方で自らの命を長らえているだけでなく、習得した血を操る魔術を使い、他者の肉体と精神を自分のものとして扱うこともできる。この能力を活かして、ノクサスの貴族たちが集まるきらびやかなサロンで自分を崇拝する熱狂的な信者たちを生み出し、薄汚れた路地裏では敵の血を最後の一滴まで搾り取っている。”

公式ユニバースより

ブラッドミア-バイオグラフィー

物語 芸術こそ人生
 絵描きがブラッドミアにスカウトされる話。

バイオグラフィー

  • 元人間。ダーキン大戦時代に虐げられていた国の王子だったが彼一人いなくなったところで王位継承者には困らないような身柄だった為ブラッドミアは父親である国王に人質として差し出された
  • ダーキンの下で血を操る魔法を習得。ブラッドミアの命などなんとも思っていない父や、自分を虐げてきた主を殺害。他人の命を吸うことで生きながらえている
  • そうして長い時を過ごしてきたブラッドミアだが、モルデカイザー支配の絶頂期にルブランと意気投合。黒薔薇団に入りノクサスを裏で支配することになる
    • モルデカイザー支配→ルブランの暗躍によりモルデカイザーが倒されノクサス建国→エリスの生まれが数百年前のノクサス貴族 ということなので少なくともエリスより前。最初期メンバーの可能性すらある?
  • ブラッドミアを、血を操る魔法を崇拝するカルト集団まで誕生
    • 小説はブラッドミア信者一人入りましたーって感じ

関連記事

公式関連チャンピオン

「私は多くを学び、人間の卑しさを知った。崇めるべきは、国家のみだ」~ スウェイン "ジェリコ・スウェインは、力のみを正義とする拡大...

ノクサス帝国元帥が死去し、ジェリコ・スウェインが新たにその地位を引き継いだことで、帝国内の政局は激変した。ブラッドミアにとっては、再び活躍の時期が訪れたのである。

彼は社交界の慈善家として大衆の目に触れるようになり、表立って『トリファリックス』の統治体制を批判するようになった。

「薔薇は闇の中では育たない。薔薇が枯れれば、闇が育つ…」~ ルブラン "黒薔薇団の他のメンバーにとっても謎に包まれた存在であるルブ...
ノクサスの令嬢だったが一度美貌を奪われ、取り戻すためにルブランと契約、シャドウアイルの力を利用した。美しさを保つため人々を生贄にしている...

ルブランとエリスは黒薔薇団メンバーなのでその関連。

「あの子供はもういない。ここにいるのは殺し屋だ」~ ケイン "恐るべき影の魔術の卓越した使い手であるシエダ・ケイン。彼は己の真の運...

ケインが関連チャンプに掲載されている明確な理由はわかりませんが、ブラッドミアはダーキン大戦の戦火に巻き込まれた、それくらいの時代から生きてる人なのでひょっとしたら遥か昔ラーストと何かしら因縁があったのかもしれません。

その他関連記事

 前回の記事でアイオニアの紹介がひと段落ついたので今回はアイオニアとの関係性も強い地域であるノクサスを紹介していきたいと思います。 地域:...
関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする