【LoLストーリー】ブラッドミア:真紅の死神

チャンピオン別紹介

「時は私を賢くしたが、忍耐強くしたわけではない」

~ ブラッドミア

“ブラッドミアは定命の者の血に飢えた悪鬼であり、帝国の建国当初からずっとノクサスの政治に影響を与えてきている。彼は異常なやり方で自らの命を長らえているだけでなく、習得した血を操る魔術を使い、他者の肉体と精神を自分のものとして扱うこともできる。この能力を活かして、ノクサスの貴族たちが集まるきらびやかなサロンで自分を崇拝する熱狂的な信者たちを生み出し、薄汚れた路地裏では敵の血を最後の一滴まで搾り取っている。”

公式ユニバースより

ブラッドミア-バイオグラフィー

物語 芸術こそ人生
絵描きがブラッドミアにスカウトされる話。

バイオグラフィー

  • 元人間。ダーキン大戦時代に虐げられていた国の王子だったが彼一人いなくなったところで王位継承者には困らないような身柄だった為ブラッドミアは父親である国王に人質として差し出された
  • ダーキンの下で血を操る魔法を習得。ブラッドミアの命などなんとも思っていない父や、自分を虐げてきた主を殺害。他人の命を吸うことで生きながらえている
  • そうして長い時を過ごしてきたブラッドミアだが、モルデカイザー支配の絶頂期にルブランと意気投合。黒薔薇団に入りノクサスを裏で支配することになる
    • モルデカイザー支配→ルブランの暗躍によりモルデカイザーが倒されノクサス建国→エリスの生まれが数百年前のノクサス貴族
  • ブラッドミアを、血を操る魔法を崇拝するカルト集団まで誕生している

関連記事

公式関連チャンピオン

【LoLストーリー】スウェイン:ノクサス帝国元帥
「私は多くを学び、人間の卑しさを知った。崇めるべきは、国家のみだ」~ スウェイン"ジェリコ・スウェインは、力のみを正義とする拡大主義国家ノクサスを率いる、先見の明を持つ指導者だ。アイオニアとの戦争で失権して重傷を負い、左腕を失った彼はし...

ノクサス帝国元帥が死去し、ジェリコ・スウェインが新たにその地位を引き継いだことで、帝国内の政局は激変した。ブラッドミアにとっては、再び活躍の時期が訪れたのである。

彼は社交界の慈善家として大衆の目に触れるようになり、表立って『トリファリックス』の統治体制を批判するようになった。

【LoLストーリー】ルブラン:幻惑の奇術師
「薔薇は闇の中では育たない。薔薇が枯れれば、闇が育つ…」~ ルブラン"黒薔薇団の他のメンバーにとっても謎に包まれた存在であるルブランだが、その名前ですら、ノクサス建国初期からあらゆる人々や出来事を操ってきた色白な女が持つ複数の名前のひとつ...
【LoLストーリー】エリス:蜘蛛の女帝
「美もまた力。そしてどんな剣よりも鋭く刺さる」~ エリス"冷酷無比な捕食者エリスは、ノクサスの古都の地下にある、光も差さない閉ざされた邸宅に棲む。かつては定命の者だった彼女は有力な一族の家長だったが、おぞましい半神に噛まれ、美しくも人間...

ルブランとエリスは黒薔薇団メンバーなのでその関連。

【LoLストーリー】ケイン:無情の影
「あの子供はもういない。ここにいるのは殺し屋だ」~ ケイン "恐るべき影の魔術の卓越した使い手であるシエダ・ケイン。彼は己の真の運命――いつの日か自分が「影の一団」を率い、アイオニアが覇権を握る新時代を拓く、という未来のために戦っている。...

ケインが関連チャンプに掲載されている明確な理由はわかりませんが、ブラッドミアはダーキン大戦の戦火に巻き込まれた、それくらいの時代から生きてる人なのでひょっとしたら遥か昔ラーストと何かしら因縁があったのかもしれません。

その他関連記事

【地域紹介】ノクサス
"ノクサスは恐ろしい評判を持つ強大な帝国だ。その国境の外にいる者にとっては、ノクサスは残酷な拡張主義を掲げる脅威であるが、その軍国主義の内側を覗けば、武勇と才能に敬意を払い、それを育てようとする、類稀な開かれた社会を目にすることになる。彼ら...

コメント