【LoLストーリー】ケイン:無情の影

チャンピオン別紹介

「あの子供はもういない。ここにいるのは殺し屋だ」~ ケイン
“恐るべき影の魔術の卓越した使い手であるシエダ・ケイン。彼は己の真の運命――いつの日か自分が「影の一団」を率い、アイオニアが覇権を握る新時代を拓く、という未来のために戦っている。彼が手にする、自我を持つダーキンの武器「ラースト」はケインの心身を着実に侵しつつあるが、彼がそれを気に留める様子はない。あり得る結末はただ二つ。ケインが強い意志で武器をねじ伏せるか、邪悪な武器に完全に乗っ取られ、ルーンテラを滅亡の道へと誘う扉を開くかだ。”(公式ユニバースより

ケイン-バイオグラフィー

物語 千年刃

ケインからのメッセージ:スマホ着信音声

[G4B] ルーンテラ設定落ち穂拾い
ボードのコメント欄でRioterの方が語ってくださったものです 翻訳:SejuPoro氏 影の一団に関する記載があるのでこちらに参考として

コミック:ゼド

バイオグラフィー

  • ケインは元々ノクサスの少年兵だったがゼドに見いだされ弟子となる
    • “せいぜい10歳ほどの子供”って記述されてるしノクサスのアイオニア侵攻が10年くらい前描写もあるし今の彼は20歳くらいの姿ということでしょうか?
  • ケインは特定の武器を持たなかったが、ある時転機が訪れる。
  • ノクサスで発見されたという生きた武器、ダーキンの一体である大鎌ラースト。破壊しろと言われたが自分なら使いこなせると自信に満ちていたケインは手に取るのであった。
    • 「これからこいつをイモータル・バスティオンに運ぼう」って感じの内容が書かれていて他の物語で出てきた地名が出てくるの嬉しい。
    • ちなみに触ると乗っ取られるからぐるぐる巻きにされてた。
      • ケインは「一瞬で」乗っ取られることはなかったのでやはりとても有能なんだなあ。これからはわからないとラーストは言うでしょうがね。
  • 自分がゼドの後継者に違いないと、ケインはそう思っているのだ。

ショートストーリーでも壁に入ったり人に入ったり、ゲームプレイとキャラクター性の融合を発揮してくれています。

 

 

「貴方の教えの賜物ですよ、師匠」って台詞が凄く好き。

もし「シエダ・ケイン」という名前が(響きとか雰囲気がなんとなくノクサスよりはアイオニアっぽい気がするので)ゼドに与えられたものだったらという可能性の話をしようとしたんですが、さすがに妄想の範囲に入っちゃうか。
追記:まさかの「ゼドのかつての名前がクショーに与えられたもの」という話がコミックで明かされました。これは……ありますかね?

関係ないけどケイン・コスギがLoL勢になるとは思ってなかった

関連記事

公式関連チャンピオン

【LoLストーリー】 エイトロックス:ダーキンの暴剣
「希望すら、壊さねばならん」~ エイトロックス "ヴォイドからシュリーマを守り抜いた誇り高き存在であったエイトロックスとその同胞は、いつしかルーンテラにとってヴォイドを上回る脅威となり、狡猾な定命の者の魔法の前に敗れ去った。数世紀にも及ぶ...
【LoLストーリー】ヴァルス:報復の一矢
「我々を絶滅に至らしめなかったという過ちが、お前の種族を破滅に導く」~ ヴァルス "古代のダーキン種族のひとつに属するヴァルスは、敵を苦しめ狂気に追い込んでから矢でとどめを刺す恐ろしい殺戮者だった。彼はダーキンの大戦争の最後に幽閉され...
【LoLストーリー】ゼド:影の頭領
「均衡は愚者の教えなり」~ ゼド "無慈悲で非情なゼドは、ノクサスの侵略者たちを追い出すためにアイオニアの伝統的な魔法と武術を軍事利用することを目的とした組織、「影の一団」の頭領である。戦争のさなか、追い込まれた彼は強力だが危険な穢れ...

師匠です

【LoLストーリー】ダリウス:ノクサスの戦斧
「歴史に残るは勝者の名のみ。ノクサスと共に起て。己の名を永遠に刻むのだ」~ ダリウス "ノクサス国内で最も恐れられる百戦錬磨の戦士、ダリウス。彼ほど、同国の強さを体現するリーダーはいないだろう。貧しい育ちでありながら「ノクサス...

その他関連記事

地域紹介:アイオニア
魔法が自然のものとして受け入れられている島国。全体的にアジアっぽい雰囲気。10年くらい前にノクサスが侵略してきた事があって一度追い払ったけどその爪痕で色々大変なことになってる。アイオニアは手付かずの美しさと自然の魔法が残る土地だ。そこに住...
【地域紹介】ノクサス
"ノクサスは恐ろしい評判を持つ強大な帝国だ。その国境の外にいる者にとっては、ノクサスは残酷な拡張主義を掲げる脅威であるが、その軍国主義の内側を覗けば、武勇と才能に敬意を払い、それを育てようとする、類稀な開かれた社会を目にすることになる。彼ら...
【種族紹介】ダーキン
大昔から恐るべき伝説の存在として知られてきたダーキンは、生ける武器であり、それを操ろうとする者はやがて例外なく堕落し、食い尽くされる。ダーキンはもともと偉大な戦士であったが、欺かれ、自らが戦場に携えていった剣や弓に封じ込められてしまった。そ...

コメント