地域紹介:シャドウアイル

地域別紹介

シャドウアイルにはかつて美しい世界が広がっていたが、魔術によって引き起こされた大災害により、いまや見る影もなくなってしまった。大地は汚され荒廃し、“黒い霧”が島々を常に覆っている。シャドウアイルに降り立てば生者は徐々にその生命力を奪い取られ、飢えた捕食者たる死者の霊が次々と引き寄せられてくる。黒い霧の中で命尽きた者を待つのは、亡者となって永遠にこの陰鬱な島を彷徨うという非業の運命である。さらに恐ろしいことに、シャドウアイルは年々その力を増しており、今や不死の者たちがルーンテラ全土で魂を刈り取ることすら可能である。

物語 若き君主の哀歌

物語 黒い霧、運命の女神 ※紹介記事あり

シャドウアイルとビルジウォーターに関連するチャンピオンを中心として多数のキャラクターが登場する読み応えのある長編。

物語 残響 BY ANTHONY REYNOLDS

カリスタとスレッシュの話。LoRでおなじみのレドロスも登場。

1枚でわかるシャドウアイル

※画像クリックして拡大すると少し読みやすくなるはず

おすすめの読み方

災厄に至るまでのエピソードを知りたければヨリックマオカイカリスタ辺りがおすすめ

ヘカリムも良いんだけど人間性がちょっとね(悪役好きならぜひ)

後はルシアン関連の物語を追うと良いです。「vsシャドウアイル」という側面が強いキャラなので。

 

長編の黒い霧、運命の女神はボリューミーなので時間のある時にどうぞ

過去

  • かつてブレスドアイルと呼ばれたその島は聖なる力によって守られていたが、島を荒廃させる事件が起こった。
  • とある国からやってきた王が妻を生き返らせようとした結果ブレスドアイルは災厄に襲われ、亡霊達が徘徊するシャドウアイルへと変貌したのだ。
  • 亡霊の棲む危険な地であるが訳あってシャドウアイルに向かうものもいる。
    • エリスやカーサスはシャドウアイルになった後に島に来たパターン

所属チャンピオン関連記事

マオカイ:歪みし樹人
マオカイ:歪みし樹人
ヨリック:魂の導き手
ヨリック:魂の導き手
スレッシュ:縛鎖の看守
スレッシュ:縛鎖の看守
カリスタ:復讐の槍
カリスタ:復讐の槍
ヘカリム:戦場の幻影
ヘカリム:戦場の幻影
エリス:蜘蛛の女帝
エリス:蜘蛛の女帝
カーサス:死を歌う者
カーサス:死を歌う者

その他関連記事

【小説紹介】黒い霧、運命の女神
 今回紹介するのは、シャドウアイル・ビルジウォーターにスポットライトを当てた長編小説です。ネタバレ防止の為に登場チャンピオンを最後に置くかそれとも最初に置くか迷ったのですがどちらにせよ後でストーリーの内容に言及するのでネタバレは避けられない...
地域紹介:ビルジウォーター
ビルジウォーターは、ブルーフレイム・アイルと呼ばれる遠洋の群島内にある他に類を見ない独特な港町だ――海の怪物ハンター、港のギャング、そして密輸業者が巣食うこの街は、幸運の女神が微笑んだかと思えば、野望が一瞬のうちに砕け散る場所でもあ...

ルーンテラ中に黒い霧の脅威は襲い掛かるが特にビルジウォーターに影響が大きい。

なおイラオイは亡霊を退ける聖職者である。

 

LoRのカード見るとデマーシアともそこそこ関わりがある様子。

コメント