地域紹介:シャドウアイル-堕ちた聖地

シャドウアイルにはかつて美しい世界が広がっていたが、魔術によって引き起こされた大災害により、いまや見る影もなくなってしまった。大地は汚され荒廃し、“黒い霧”が島々を常に覆っている。シャドウアイルに降り立てば生者は徐々にその生命力を奪い取られ、飢えた捕食者たる死者の霊が次々と引き寄せられてくる。黒い霧の中で命尽きた者を待つのは、亡者となって永遠にこの陰鬱な島を彷徨うという非業の運命である。さらに恐ろしいことに、シャドウアイルは年々その力を増しており、今や不死の者たちがルーンテラ全土で魂を刈り取ることすら可能である。

物語 若き君主の哀歌

物語 黒い霧、運命の女神 ※紹介記事あり

 シャドウアイルとビルジウォーターに関連するチャンピオンを中心として多数のキャラクターが登場する読み応えのある長編。

Ask Riot:暗黒の刻?

 「ハローウィングはどうなったのですか?」

物語

  • 島があった。そこには傷を癒す聖なる泉があった。マオカイが住みついたことにより島は緑にあふれる。人々も島に集まってきた。
  • ブレスドアイルと呼ばれたその島は聖なる力によって守られていたが、島を荒廃させる事件が起こった。
  • とある国からやってきた王が妻を生き返らせようとしてしまったことをきっかけにブレスドアイルは災厄に襲われアンデッドが徘徊する「シャドウアイル」へと変貌したのだ。
    • この王は”Ruined King”と呼ばれている
    • 皆さんもあれ?と思ったかもしれない。そう、ルインドキング・ブレード(通称王剣)の王なのです。アイテムのストーリーもいつか公開するかもと言ってたのでもし何かしら来たら嬉しいのだが。
  • 亡霊の棲む危険な地であるが訳あってシャドウアイルに向かうものもいる。
    • エリスやカーサスはシャドウアイルになった後に島に来たパターン。

所属チャンピオン関連記事

 大体こんな感じかなっていうざっくりとした時系列順です

ブレスドアイル組

「この地にあるのは抜け殻ばかり。生命なく、恐れを知らぬ者どもよ…我がお前たちの恐怖となろう」~ マオカイ "荒々しい巨大な樹人、マ...

「宿命。支配。そして欺瞞」 ~ モルデカイザー "二度殺され、三度生まれたモルデカイザーは死霊術によって人の魂を拘束し、彼らを永...

 (正確にはブレスドアイルに来たのは頭蓋骨だけなんだけどね)


-あるいは全ての安らぎの為に 「叫び…島の叫びが聞こえる」~ ヨリック "ヨリックは忘れ去られて久しいある教団の修道士として唯一...

「心──引き裂くほどに魅了される」 ~ スレッシュ 残虐で狡猾なスレッシュは、シャドウアイルを彷徨う貪欲なる亡霊だ。かつては...

王国組

「悪は、我らの法が裁く。傷には、傷をもって報いる。裏切りは、復讐の槍が裁く」~ カリスタ "報復を誓い、復讐を司る亡霊カリスタ...

「奴らの戦列を蹴散らし、容赦なく踏み潰せ。生者どもを打ち砕き、その恐怖を食らおうぞ」~ ヘカリム "生者の魂を永遠に狩るという呪い...

災厄後の来訪者

ノクサスの令嬢だったが一度美貌を奪われ、取り戻すためにルブランと契約、シャドウアイルの力を利用した。美しさを保つため人々を生贄にしている...

「死は旅路の終わりではない。始まりに過ぎないのだ……」~ カーサス "忘却の使徒、不死の亡霊カーサスは、呪いの歌を口にしながらその...

関係者(シャドウアイル非所属)

「苦痛に耐え、光と共にこの世界の闇を全て浄化してやる」 ~ ルシアン 光の守護者であるルシアンは、二挺の古の拳銃を携え、不死の魂...

 所属ではないがシャドウアイルと関連性が強いため記載。デマーシアより「vsシャドウアイル」のイメージの方が強い

​セナのスキル 本実装されるまで一番上にもリンクを置いておきます 「闇が光を包み込むように、私は彼らを包み込もう…」 ~ セ...

 10周年イベントで公開された鮮やかな伏線回収

その他関連記事

 今回紹介するのは、シャドウアイル・ビルジウォーターにスポットライトを当てた長編小説です。ネタバレ防止の為に登場チャンピオンを最後に置くかそ...
ビルジウォーターは、ブルーフレイム・アイルと呼ばれる遠洋の群島内にある他に類を見ない独特な港町だ――海の怪物ハンター、港のギャング、...

 ルーンテラ中に黒い霧の脅威は襲い掛かるが特にビルジウォーターに影響が大きいので。なおイラオイは亡霊を退ける聖職者である。

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする