【LoLストーリー】レネクトン:砂漠の解体屋

「血、そして復讐あるのみ」

~ レネクトン

“威圧的な巨体に怒りをみなぎらせた超越者レネクトンは、灼熱のシュリーマに生まれ出でた。レネクトンはかつて、帝国随一と目されていた戦士であった。彼の率いる軍隊は、シュリーマを数限りない勝利に導いた。しかし、帝国は崩壊し、レネクトンは砂の下に幽閉される運命を辿る。時が流れ、世が変わりゆく間に、じわじわと彼は狂気に支配されていった。今や自由の身となったレネクトンは、兄ナサスを見つけ出し、葬り去ることに執念を燃やす。狂気の中、彼は数百年にも渡って自分を闇に封じ込めたのは、全てナサスの仕業だという妄想に憑りつかれているのだ。”(公式ユニバースより

レネクトン-バイオグラフィー

物語 闇が生まれ変わる時

バイオグラフィー

  • 暴れん坊だった為暴力性を心配した兄ナサスの計らいで軍に入る。その計らいは正しく、軍人はレネクトンにとってまさに天職だった。
  • 絶望的な戦力差の中侵略者から住民が逃げる時間を稼ぐこともあった。レネクトンが敗北したことは一度もなかった。
  • ナサスが病で死を待つだけになった時、超越の儀が執り行われることになった。儀式を受けられればナサスは今ここで死ぬことはなくなるだろう。だが儀式を受ける場所に行くことすら今のナサスにはできなかった。
  • なら自分が連れていくしかない。ナサスは止めようとした。儀式を受ける者以外が登れば死ぬからだ。それでもレネクトンは足を止める事はなかった。覚悟したがレネクトンは死ななかった。兄弟は二人とも超越したのだ。人々は二人の英雄が生まれたことを称えた。
  • レネクトンが率いるシュリーマの軍隊を止められるものはいない。敵からは「砂漠の解体屋」と呼ばれ恐れられた。
  • シュリーマ帝国崩壊の時、レネクトンは再び自らを犠牲にした。シュリーマを崩壊させた闇の魔術師ゼラスを封印する為だ。他に方法はなかった。ナサスは泣く泣くレネクトンごとゼラスを封印した。
  • 長い封印の中レネクトンに変化が訪れた。ゼラスにそそのかされた結果レネクトンは「ナサスは自分を嫌って閉じ込めたのだ」と思い込むようになってしまった。
  • 封印から解かれたレネクトンは、ナサスに復讐しようとしている。

関連記事

公式関連チャンピオン

「生涯奴隷として過ごした経験が、私をお前たちの永遠の支配者とした」 ~ ゼラス "古代シュリーマの超越魔人ゼラスは、魔法の石棺の...
「秘密は刃よりも危ないわ…」 ~ カシオペア "カシオペアは相手を意のままに操って死に陥れる、恐ろしい妖女だ。彼女はノクサス...
「失われし栄華は復活の時を迎える」 ~ ナサス "ジャッカルの頭を持つ超越者ナサスは、古代シュリーマで生を受けた。威風堂々た...
親友にサプライズプレゼントしようとしたらコミュニケーションエラーで死にかけた男。 「かつてルーンテラにその栄華を誇ったシュリー...
パッチ9.1~ 「誰の金でも気にしないわ、きちんと払ってくれさえすればね」 ~ シヴィア シュリーマの砂漠で傭兵の一団を率いる...
「この地は炎に包まれるだろう。舞い上がった火の粉でも風でもなく、我が復讐によって」~ ブランド "ブランドとして知られる生命体...

その他関連記事

地域の概要と物語 砂漠の国。数千年前は大帝国だったらしい 最近帝国時代の都市が復活したと噂になってる シュリーマ帝国は...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする