【LoLストーリー】ルシアン:不浄殲滅者

「苦痛に耐え、光と共にこの世界の闇を全て浄化してやる」

~ ルシアン
光の守護者であるルシアンは、二挺の古の拳銃を携え、不死の魂を追い詰めて浄化するハンターだ。亡霊スレッシュに妻を殺されたルシアンは、復讐の道へと乗り出したが、彼女が蘇ってもその怒りが消えることはなかった。情け容赦なくひたむきなルシアンは、「黒き霧」に潜む古の亡霊の脅威から人々を護るためなら手段を選ばない。

公式ユニバースより

ルシアン-バイオグラフィー

物語 影の狩人

黒い霧、運命の女神
 ※シャドウアイル長編 紹介記事あり

帰郷 BY PHILLIP VARGAS 2019/10 パッチ9.20

闇の先へ:セナ チャンピオンティーザー

セナ:闇の抱擁


物語 嗤う影の男
 荒野スキン設定での物語です どっちにしろスレッシュは仇 アリスターやカーサスも関わっています

バイオグラフィー

前提として、アップデート前から「スレッシュにセナという名前の妻を殺され彼女の魂をランタンに囚われたことでセナの救済とスレッシュへの復讐を誓う」という物語がありました。

今回は追加部分中心に。

  • ルシアンの父ウリアスは光の守護者であり、黒い霧と戦ってきた
  • ルシアンはデマーシアで迫害されるメイジを助けていた様子
  • ウリアスの弟子だったセナがルシアンに彼の死を伝えに来た時に出会う。ルシアンは光の守護者となりセナと共に亡霊と戦うことに。
  • 『ルシアンの温厚な性格と人を惹きつける魅力は、セナの自制心、そして不屈の決意と完璧なバランスで釣り合っていた』とあり、セナの生前はもっと雰囲気違う人だったんだろうなと想像せざるを得ない。
    • ただこういう性格だったんだろうなという伏線自体は前から貼られてましたね
  • しかしセナはスレッシュに殺され魂をランタンに囚われる。
  • セナを安らかな眠りにつかせることがルシアンの悲願であった。
  • 長い旅の果てスレッシュのランタンを破壊したが、セナは今度こそ永遠の眠りにつくのではなく、新たな姿でルシアンの元へ戻ってきたのだった。

~9.20 バイオグラフィー

「感謝しろ。今ここで俺に殺されれば、お前は永遠の苦しみから解放される」

~ ルシアン

“二挺の古のピストルを携えたルシアンは、不死の魂を容赦なく追い回して滅ぼし続ける残忍なハンターだ。かつては光の守護神だったが、今では殺された妻の復讐だけが生きる目的となり、彼女の魂を拘束している亡霊、スレッシュを倒すまで休むことなく戦い続けている。非情なまでの復讐心に燃えるルシアンは、誰であろうと邪魔する者には一切容赦しない――彼の行く手を塞ごうとする愚か者は、魔法の銃撃の連射を受けて吹き飛ばされるだろう。”(公式ユニバースより

  • 実はデマーシア所属のアンデッドキラー
  • セナという妻がいて、元々は彼女と組んで戦っていたのだがスレッシュに妻を殺され魂をランタンに閉じ込められたことから復讐を誓う
  • ちなみに彼の銃の片方は妻の形見。念じて撃つタイプのもの
    • カラーストーリーでは既に恋人関係にある状態で銃の使い方をルシアンが教わっている描写がありました

関連記事

公式関連チャンピオン

「心──引き裂くほどに魅了される」 ~ スレッシュ 残虐で狡猾なスレッシュは、シャドウアイルを彷徨う貪欲なる亡霊だ。かつては...

 宿敵

「リスクがでかければ、それだけ賞金もでかいの」~ ミス・フォーチュン "美貌で名高く、容赦のなさで恐れられるビルジウォーターの...
戦いの中で死ぬことを名誉とする部族に生まれる。老衰なんてもってのほかなのに長寿と穏やかな死を占われてしまったためオラフはそれを否定する為...

 何故MFとオラフなのかというと、「黒い霧、運命の女神」で関わったからです

「奴らの戦列を蹴散らし、容赦なく踏み潰せ。生者どもを打ち砕き、その恐怖を食らおうぞ」~ ヘカリム "生者の魂を永遠に狩るという呪い...

その他関連記事

​セナのスキル 本実装されるまで一番上にもリンクを置いておきます 「闇が光を包み込むように、私は彼らを包み込もう…」 ~ セ...

間違いなくユニバース側でもリストに載るでしょうからその他に置くのは心苦しいのですが

シャドウアイルにはかつて美しい世界が広がっていたが、魔術によって引き起こされた大災害により、いまや見る影もなくなってしまった。大地は汚さ...
 今回紹介するのは、シャドウアイル・ビルジウォーターにスポットライトを当てた長編小説です。ネタバレ防止の為に登場チャンピオンを最後に置くかそ...
魔法による戦争から逃れてきた人々が建国した国だよ だから魔法は邪悪なものだとして禁止されてるよ 団結力が特徴的だよ ...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする