【LoLストーリー】ダリウス:ノクサスの戦斧

「歴史に残るは勝者の名のみ。ノクサスと共に起て。己の名を永遠に刻むのだ」~ ダリウス
“ノクサス国内で最も恐れられる百戦錬磨の戦士、ダリウス。彼ほど、同国の強さを体現するリーダーはいないだろう。貧しい育ちでありながら「ノクサスの戦斧」と呼ばれるまでになった彼は、帝国の敵を薙ぎ払い続ける——その多くはノクサス人である。自身の行為の意義に決して疑いを持つことはなく、彼はひとたび斧を振りかざせば決してためらうことはない。彼はトリファリアン・レギオンの司令官に逆らう者には一切容赦しないのである。”(公式ユニバースより

ダリウス-バイオグラフィー

物語 強さの原理 
 スウェインも出てくるよ

コミック:ノクサスの血

ASK RIOT サイオンはクサイ?
 ダリウスの兄弟愛について書かれています。

物語 ウィンタースパイク BY LAURA MICHET

バイオグラフィー

  • 元孤児でありながらノクサス帝国の中枢まで上り詰めた男。ノクサスでは生まれに関わらず実力が評価されるという事を体現したといえる。
  • ドレイヴンの兄。兄弟で生き延びるために様々な相手と戦ってきた。
  • バジリックという港町で育ったが、バジリックがノクサス帝国領になった時彼ら兄弟はノクサス軍の一員になり活躍していく。
    • こちらのエピソード、漫画で描かれています。幼少期のドレイヴンなかなか良いキャラしてる。
  • そして彼はノクサス帝国に多大な貢献をする。劣勢を時にひっくり返し出世街道を駆けあがっていくダリウス。彼の軍団はノクサス人からは最高の名誉、そして敵からは最悪の脅威となったのだ。
  • ボラム・ダークウィル皇帝から「ノクサスの戦斧」の二つ名を贈られる。彼の命でフレヨルドへ出陣する事に。
  • しかしフレヨルドから戻ってきたら、なんということでしょう。ボラム・ダークウィルが死んでいるではありませんか。……これは皇帝が狂ってしまった結果スウェインがクーデターを起こした結果だった。ドレイヴンもクーデターの協力者であった。
  • 貴族達は皇帝の敵討ちを望んでいたが、ダリウスはスウェインの語る帝国の理想の理解者であった。そしてダリウスは三頭政治体制「トリファリックス」の「力」の象徴となる。

 ちなみにダリウス様率いるトリファリアン・レギオンは『彼の部隊に入れるなら何でもする』という人が出るくらい凄いです。まあダリウスに認められるのがめちゃくちゃ難しいんですけどね。

コミック「ノクサスの血」

 ダリウスメインの話。ドレイヴンも出てくるよ。記事でも紹介しています。

 ちなみにこのダリウスという男、コミック読むと出てくるんですが元カノがいました。クィレッタという名前の金髪美人です。ダリウスの幼馴染でアイオニア侵攻の際に参加していたノクサス人のひとりですがエミスタンという女の残酷な作戦(アイオニア侵攻の際にゾウンの錬金術師を利用して敵味方問わず被害を与えた)の影響で右腕を切り落とすことになった事からダリウスとの意見の相違が生まれはじめついに対立することになった人。

 セクシーな描写も含まれる作品でちょっとドキドキしちゃいますね。別の所に嫁いだけど実は息子はダリウスの子だった、って感じですか。

 ところで彼女の娘であるというインヴェティアさんは何歳くらいなんでしょうか。見た目結構若いけど。息子さんが19年前の時の子ならそれよりちょっと下くらい? でもまあ若くても有能ならノクサスでは評価されるか。そうだな。

感想など

 隠し子がいたって話が出てきた時はちょっと衝撃ではありました。ありましたけど、ノクサスの理想をまっすぐ追い求めやがて帝国最強クラスになるような男、モテないわけがないか。

関連記事

公式関連チャンピオン

https://loluni.net/draven

「…私の忠誠心を疑うか。私がどれほどの物を背負っているか、お前には永久に分かるまい」~ カタリナ "優れた判断力と必殺の格闘技...
「私は多くを学び、人間の卑しさを知った。崇めるべきは、国家のみだ」~ スウェイン "ジェリコ・スウェインは、力のみを正義とする拡大...
「時は私を賢くしたが、忍耐強くしたわけではない」 ~ ブラッドミア "ブラッドミアは定命の者の血に飢えた悪鬼であり、帝国の建...

その他関連記事

"ノクサスは恐ろしい評判を持つ強大な帝国だ。その国境の外にいる者にとっては、ノクサスは残酷な拡張主義を掲げる脅威であるが、その軍国主...
 ピルトーヴァーの物語が公開されたその時からダリウスのコミックは考えられていたのだろうか。だとしたら巧みな伏線回収だった。今日はそんな話をし...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする