【LoLストーリー】ガリオ:伝説の巨像

 LoLチャンピオン別ストーリー紹介、ガリオ編です。彼は像と勘違いされた修行僧ではなく今度こそちゃんと動く石像です。

大都デマーシアの外で、石の巨像ガリオは今も見張りを続けている。魔法に対する防衛機構として建造された彼は、強力な魔法によってその生命が満たされるまで何十年も微動だにせず、ただ待ち続ける。そしてひとたび目覚めれば、戦場の高揚感を堪能し、同胞を護ることのできる千載一遇の名誉ある機会に、持てる全てを出し切って戦う。だがその勝利はいつも皮肉なもので、打ち倒すべき魔法こそが彼の原動力であるがゆえに、勝利をあげるたびに再び動かぬ石像となってしまうのだ。

ガリオ-バイオグラフィー

物語 英雄の目覚め(ガリオ-ショートストーリー)
 こちらのショートストーリーはガリオが巨獣と戦う話です。彼のサイズを考えるとある意味で特撮の巨大ヒーローっぽさを感じます。

物語 少女と巨像
 ラックスとの話。長編。

バイオグラフィー解説(ショート)

  • ペトリサイトという魔法を吸収する素材で作られた巨像。魔法をたくさん吸収した結果命が宿った。
  • 今では魔法が使われることが少ないのでガリオが動ける事は少ない。
  • ガリオはデマーシアの人々を守るため動けるようになりたいと思っている。
  • 皮肉にも彼が動けるようになる=デマーシアで大量の魔法が使われる、という意味になってしまうのだけれど。

旧lore ~パッチ9.4

およそ2018/4/10~くらい

「デマーシアの民よ、俺に任せろ!やっとこの体が動かせる!」~ ガリオ
“輝ける都市デマーシアの外側で、石の巨像ガリオはずっと見張りを続けている。敵の魔法使いに対する防御機構として建造された彼は、強力な魔法によって生命が満たされるまで何十年も微動だにせず、ただ立ち続ける。そして、ひとたび活動を始めると、ガリオは動ける時間のほとんどを戦いのスリルと同胞たる国民を守るという稀有な名誉を味わうことに費やすのだ。だが彼の勝利はいつも皮肉なもので、彼が打ち倒すべき魔法こそ彼が動くための原動力であるために、勝利するたびに再び動かぬ彫像となってしまうのだ。”(公式ユニバースより

関連チャンプ

「あたしは勇者じゃないわ。ハンマーを持ってるだけの、ただのヨードルよ」 ~ ポッピー "ルーンテラの地に勇敢なチャンピオンは...
“完璧な人間などおらぬ。故に我は人間にあらず” ~ ケイル "ルーン戦争の真っただ中にターゴンの神髄の子として生を受けたケイ...
「私は二つの世界から生まれた。だがそのどちらにも、居場所はない」 ~ シヴァーナ "シヴァーナは燃え盛る純粋な魔法を胸に秘めた存...
「この光の力を使えるのは私だけ、だからどこで輝かせるかは気を付けてるの」 ~ ラックス ラクサーナ・クラウンガードは魔法の才能を...
「この世界は私が守る。創られた世界が壊されないように」~ ライズ "ライズは類まれな能力を持つルーンテラ屈指の魔術師として...
「戦争に終わりはない…そして俺の命にも」 ~ サイオン "かつてデマーシア王を素手で絞殺したことでノクサス中で崇敬されていた...

関連記事

公式関連チャンピオン

“完璧な人間などおらぬ。故に我は人間にあらず” ~ ケイル "ルーン戦争の真っただ中にターゴンの神髄の子として生を受けたケイ...
“心を引き裂くことができるのは、自分が愛する者だけだ” ~ モルガナ "天界の存在であると同時に定命でもあるという二つの性質...
「この光の力を使えるのは私だけ、だからどこで輝かせるかは気を付けてるの」 ~ ラックス ラクサーナ・クラウンガードは魔法の才能を...
魔法が禁じられているはずの国で魔法使いとして生まれてしまった男。処刑されそうになるがラックスの力を奪って脱獄しデマーシアに革命をもたらそ...

パッチ9.5以前と比べると減ったような印象 ガリオの翼が生えた姿は姉妹の伝説を模しているのでしょう、たぶん

その他関連記事

魔法による戦争から逃れてきた人々が建国した国だよ だから魔法は邪悪なものだとして禁止されてるよ 団結力が特徴的だよ ...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コド より:

    リメイクを通して魅力的なストーリーになりましたけど、同時にポッピーとの繋がりが消えたのが少し残念ですよね。
    同じようにワーウィックとイレリアのリメイクに伴ってソラカと関わりのあるチャンプがいなくなってしまったのが気になります…

    • loluni より:

      コメントありがとうございます。
      ワーウィックとソラカにしろガリオとポッピーにしろ「このチャンピオンとこのチャンピオンは関連している」という「キャラクター同士の関係性」はファンの思い入れが強くなる部分なのだろうなと思います。
      これが前と違う形だったとしても何らかの関係性が新しく形成されたならまた違った感想になったかもしれませんね。