【LoLストーリー】ヨリック:魂の導き手

-あるいは全ての安らぎの為に

「叫び…島の叫びが聞こえる」~ ヨリック

“ヨリックは忘れ去られて久しいある教団の修道士として唯一生き残った。彼は死者を操ることができるが、その力は恵みであり、また呪いでもある。シャドウアイルに囚われた彼の仲間と呼べるのは、朽ちた屍と、甲高い叫び声を上げながら集まってくる魂のみだ。ヨリックの奇怪な行いは、「破滅」の呪いから故郷を解放したいという彼の崇高な決意と相反するようにも見える。”(公式ユニバースより

ヨリック-バイオグラフィー

物語 葬送

ASK RIOT サイオンはクサイ?
 言及されてます。

バイオグラフィー

  • 元々はブレスドアイルの現地人だった。幽霊が見えるという特殊体質で死者の魂を導いていたが現地の人間からは独り言喋ってる変人扱いされていた。
  • 噂を聞いた教団にスカウトされたヨリックは死者を導く役目を果たそうとするが、ここでも修道士に受け入れられなかった。天才すぎて嫉妬されたので。
  • 彼のスコップは正しい手順で葬儀を執り行うことにより死者を癒し、彼の首に提げられているものは生者を癒すブレスドアイルの聖なる水、「命の涙」であった。
  • ブレスドアイルに「黒い霧」が押し寄せた時ヨリックはブレスドアイルの命の水の効力で生き延びる。
  • ある国の王が妻を蘇生させようとした結果島が呪われたことを知ったヨリックは島の呪いを解く為に死者の力を利用している。

感想など

多分ヨリックのやることは昔と変わってないんですよ。でも、「導くべき死者」はかつてと比べ物にならない程多くなってしまった。

関連記事

公式関連チャンピオン

「奴らの戦列を蹴散らし、容赦なく踏み潰せ。生者どもを打ち砕き、その恐怖を食らおうぞ」~ ヘカリム "生者の魂を永遠に狩るという呪い...
「悪は、我らの法が裁く。傷には、傷をもって報いる。裏切りは、復讐の槍が裁く」~ カリスタ "報復を誓い、復讐を司る亡霊カリスタ...
「心──引き裂くほどに魅了される」 ~ スレッシュ 残虐で狡猾なスレッシュは、シャドウアイルを彷徨う貪欲なる亡霊だ。かつては...
「死は旅路の終わりではない。始まりに過ぎないのだ……」~ カーサス "忘却の使徒、不死の亡霊カーサスは、呪いの歌を口にしながらその...
「この地にあるのは抜け殻ばかり。生命なく、恐れを知らぬ者どもよ…我がお前たちの恐怖となろう」~ マオカイ "荒々しい巨大な樹人、マ...
「さあ言え、子羊よ。我らの獲物を示せ」 「あらゆる者どもです、親愛なる狼よ」 ~ キンドレッド "別々の存在なれど、決して...

その他関連記事

シャドウアイルにはかつて美しい世界が広がっていたが、魔術によって引き起こされた大災害により、いまや見る影もなくなってしまった。大地は汚さ...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする