【LoLストーリー】ノーチラス:深海の巨人

「完全な闇に包まれてしまったとき、できることはただ前に進み続けることだけだ」~ ノーチラス

“ビルジウォーターに最初の桟橋ができたころからすでに伝説となっていた孤独な男――「ノーチラス」の名で知られる防具に包まれた大男は、ブルーフレイム・アイルの沖の暗い海域をさまよっている。大昔の裏切りに突き動かされている彼は何の前触れもなく攻撃を仕掛け、巨大な錨を振り回しては、不運な者を助け、強欲な者を破滅へと引きずり込む。「ビルジウォーターの供物」を払わなかった者のもとに現れては、彼らを道連れにして波間へと沈むのだという。そうして「何人たりとも深海から逃れることはできない」という鉄の掟を知らしめているのだ。”(公式ユニバースより

ノーチラス-バイオグラフィー

物語 オフィーディアン号

バイオグラフィー

  • 元々は人間で沈没船に積まれた宝を素潜りで回収する大男として知られていた。彼は特別な報酬を求めることはなくただひとつ彼が求めてきたことは「出港時に船からコインを投げ入れてくれ」それだけだった。
  • 何年も経ち取れる宝物も少なくなってきたころ、船が買収されノーチラスは新しい船長の元で働くことになった。新船長は外国の人で、ノーチラスの能力を利用しようと巨大な潜水服を用意していた。今までの船長はノーチラスのただひとつの望みを尊重してくれたけど、彼は違った。「髭の貴婦人」だか何だか知らんがノーチラスの約束など守らなくてもいいだろうと雑に扱ってしまったのだ。
  • ノーチラスが海に潜ると深海に引っ張られてしまう。海の中に眠っていた異形が目覚めてしまったのだ。地上に上がろうと必死に錨を掴んだが鎖は切れてしまい、ノーチラスの声は誰にも届くことはなかった。ただ彼は闇の中に押し込められてしまったのだ。
  • ノーチラスは潜水服と一体化した新しい存在に生まれ変わっていた。覚えていたのは約束を破られたことだけ。そして彼は誓った。すべての者に海への供物を捧げさせることを。

感想など

彼は、いくつかのチャンピオンのショートバイオが更新された際にこのような物語が公開されました。

その物語を知らぬ者はなく、ビルジウォーターの海に供物を捧げない者などいない。ノーチラスは遥か昔からブルーフレイム・アイルの沖の漆黒の海に存在し、不信人な水夫たちを海の底へと引きずり込んでいる。この鎧を着た巨人は前触れもなく現れると海面に渦を巻いて獲物を捕らえ、巨大な錨を上方に投げて船のマストとキールを粉々にする。その後、「髭の貴婦人」の怒りを鎮めるために、粉々になった船体の破片を引いて波の下へと戻っていく。

ただこれ不評だったんですよね。そこでRiotはノーチラスファンの声に耳を傾けてくれました。この経緯は

/dev:チャンピオンバイオの舞台裏

という記事で見ることができます。チャンピオンバイオマニアなので読みました。

日本語のボードでもノーチラスファンがフィードバックに感謝の言葉を述べてくれています。

関連記事

公式関連チャンピオン

「あんたたちは水中で呼吸することもできないのか。つまんないな」~ フィズ "フィズはビルジウォーターを囲む岩礁の間に住む水陸両性の...
ビルジウォーターのアンデッドキラー枠。GPが惚れた女。 「知恵とは、往々にして脳天への衝撃のことを言う」~ イラオイ "イラオイ...
「すべての流れは私が決める」~ ナミ "向こう見ずな性格の海の若きヴァスタヤであるナミは、ターゴン人たちとの間で太古から続いて...
「この世界は一筋の川である。そして、吾輩がその王なのだ」~ タム・ケンチ "タム・ケンチは過去に様々な名前で呼ばれてきた悪魔であり...

その他関連記事

ビルジウォーターは、ブルーフレイム・アイルと呼ばれる遠洋の群島内にある他に類を見ない独特な港町だ――海の怪物ハンター、港のギャング、...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする