【LoLストーリー】ザヤ:反逆の刃

チャンピオン別紹介

「羽根で貫かれたことはある?」~ ザヤ

“危険で正確。ザヤは同胞を救うために戦い続けるヴァスタヤの革命の闘士だ。彼女の武器はスピードと抜け目なさ、そして立ちはだかる全てを切り裂く、カミソリのように鋭い羽根の刃である。自らの衰えゆく部族を守り、その種族に彼女が理想とするかつての栄光を取り戻すため、ザヤは愛するパートナーのラカンと肩を並べて戦うのだ。”(公式ユニバースより

ザヤ-バイオグラフィー

物語 プボー監獄破り
ラカン視点:チューブボウには踏める韻が無い

物語 エドゥアルド・サンタンジェロによる調査日誌

物語 簡単な影の用事 BY ODIN AUSTIN SHAFER

バイオグラフィー(10.15~)

  • ロトランという部族の鳥のヴァスタヤ
  • 人間は約束を守らずヴァスタヤの住める土地を奪うばかりだった。故郷を追われたザヤはヴァスタヤの土地を取り戻すために戦う。
  • ザヤはある時ロトラン族のダンサー、ラカンと出会う。一見するとただの軽い男だったが、それだけではなかった。ロトランの土地が失われた事への怒りを露わにする姿にザヤは少し見直した。
  • 二人はヴァスタヤの自由を取り戻すため協力しあい、やがて恋人同士になった。

バイオグラフィー(~10.14)

  • ロトランという部族の鳥のヴァスタヤ。故郷の集落で暮らしていたけど住める場所が人間のせいで減ってきたので抗議しに行った。
  • しかし人間というのは自分の羽根を金目のものだと思って奪おうとする輩らしい。そんな人間どもを退けて戻ってきたら故郷がなくなっていた。
  • ザヤはヴァスタヤの為に戦う革命家でスミレ色のカラスと呼ばれていたのだがラカンという男に出会う。最初ザヤはラカンを派手なだけの男とみなし何で皆が夢中になってるのか理解できなかった様子だが、自分の目的遂行が楽になったのは彼が敵を引き付けていたおかげであることを認めないわけにはいかなかった。
  • ある時ラカンに助けられ、そして彼は勝手に旅についてきた。最初こそザヤはなにこいつと思っていたが、敵さえも魅了するラカンのダンスは実際ザヤの助けになっていたのは確かだった。
  • ザヤは今や最高のパートナーとなったラカンと共に戦っている。ヴァスタヤの栄光を取り戻すために。

感想など

コンセプトはずばり「カップルデュオボット」といったところか。こういうの来るとは予想外でした。

台詞とか見ると本当にラカンのこと好きなのが伝わってきて可愛い。

実は危うくキ〇タマになるところだった

関連記事

公式関連チャンピオン

【LoLストーリー】ラカン:魅惑の翼
「自由、そして最愛の女。命を賭けるのに十分な理由だろ?」~ ラカン気まぐれで魅力的なラカンは、ヴァスタヤの悪名高きトラブルメーカーであり、ロトラン部族史上最高のバトルダンサーだ。アイオニア高地に住む人間たちにとって彼の名はずっと、無礼...
【LoLストーリー】ゼド:影の頭領
「均衡は愚者の教えなり」~ ゼド "無慈悲で非情なゼドは、ノクサスの侵略者たちを追い出すためにアイオニアの伝統的な魔法と武術を軍事利用することを目的とした組織、「影の一団」の頭領である。戦争のさなか、追い込まれた彼は強力だが危険な穢れ...
【LoLストーリー】リー・シン:盲目の修行僧
「己の無知に宿る価値を知る、それが悟りというものだ」~ リー・シン "アイオニアの古代の格闘技をマスターしたリー・シンは、竜の精霊のエッセンスを操ってあらゆる困難を克服する厳しい訓練を積んだ格闘家だ。何年も前に視力を失ったが、この...

その他関連記事

地域紹介:アイオニア
魔法が自然のものとして受け入れられている島国。全体的にアジアっぽい雰囲気。10年くらい前にノクサスが侵略してきた事があって一度追い払ったけどその爪痕で色々大変なことになってる。アイオニアは手付かずの美しさと自然の魔法が残る土地だ。そこに住...
【種族紹介】ヴァスタヤ
ヴァスタヤはルーンテラに生息するキメラ的生物で、その血筋には人間の血と、人類の台頭以前に存在した種族が持っていた霊的魔力の両方が流れている。ヴァスタヤにはレンガーのように狂暴な野獣の力を持つ者もいれば、アーリのように狐のごとき魅惑の力を持つ...

コメント