【LoLストーリー】シンジド:マッドケミスト

「まだ死んではならん。君の貧弱な解剖学的構造から学べることが、山ほど残っているのだから」

~ シンジド

“シンジドは比類なき知性を持つゾウンの錬金術師であるが、知識の限界を超えるために人生のすべてを捧げ、自身の理性すら代償としてしまった。彼の狂気の裏にはまだ理性が残っているのだろうか。彼の調合する薬品は常に優れた効果を発揮しているが、恐ろしい毒をまき散らしながら歩くシンジドに、もはや人間としての理性を見ることはできない。”(公式ユニバースより)

シンジド-バイオグラフィー

物語 悪夢の改造手術

バイオグラフィー

パッチ10.5

  • ピルトーヴァーで生まれ錬金術に傾倒する。しかしヘクステックに魅入られた人々には理解されずゾウンに移り住むことを余儀なくされる
  • ノクサスがアイオニアに侵攻した際エミスタンという女に協力し化学兵器を開発
    • このエミスタンという名前はダリウスのコミックにも出ています
  • 人体実験を行いかつて人間だったワーウィックを変貌させたのもシンジドであった

ワーウィックの人体実験とかアイオニアへの化学兵器の使用とかは前から出ていましたがピルトーヴァーで生まれて追い出されてゾウンへ、という部分は新出ですかね。

関連記事

公式関連チャンピオン

「血を流せ…獣をおびき寄せろ!」~ ワーウィック "ワーウィックはゾウンの灰色の路地で狩りをする怪物だ。苦痛を伴う実験によって...

被害者1(人体実験された)

皇帝から魔法の武器貰うくらいの強力なノクサスの兵士だったけど、アイオニアに進軍した時にノクサス軍が味方ごと殺すって方法を取ったことでリヴェン...

被害者2(味方ごと攻撃された)

「剣の心とは太極にして無極。心穏やかなればいかなる鋭刃も敵わぬと知れ」~ マスター・イー "極限まで心身を鍛え上げたマスター・...

被害者3(村を滅ぼされた)

その他関連記事

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする