【LoLストーリー】ライズ:ルーンの魔導師

チャンピオン別紹介

 

「この世界は私が守る。創られた世界が壊されないように」~ ライズ

“ライズは類まれな能力を持つルーンテラ屈指の魔術師として知られ、古くから揺るぎない信念を持って活動している。その信念の裏に、彼は耐え難いほどの重荷を背負っている。ライズは計り知れない才能と神秘の力に関する膨大な知識を駆使し、ワールドルーン――無から世界を形成したとされる原始の魔法の断片――を探すことに人生を捧げる。古代文字が刻まれたルーンは、妄用される前に回収しなければならない。ルーンテラを創生した古代文字は、ルーンテラを破壊する力をも秘めているのだ。”(公式ユニバースより

ライズ-バイオグラフィー

物語:旧友

コミック:ライズ:灼かれた大地

物語:灰の中より
ブランドになる前のブランドとの長編

ライズ:力への呼び声

ASK RIOT サイオンはクサイ?
言及されてます。世界が何故ルーンテラと呼ばれているのか。

バイオグラフィー

  • ライズにはタイラスという師匠がいた。彼は危険な遺物の回収と保護を使命とする教団の一員であった。
  • 教団の働きかけに逆らってルーンの存在は人々に広まっていった。人々はルーンを兵器とみなしていた。しかしその使用には大きな代償を伴うこととなる。
  • ついにワールドルーンが戦争に使われる。ライズは「ルーン戦争」をその目で見たのだ。ルーンが戦争に使われればどれほどの破壊をもたらすか。それを師弟は目の当たりにした。
  • 2人でワールドルーン回収の旅を続けていたがタイラスは次第にライズを遠ざけるようになる。彼でさえもワールドルーンの誘惑には逆らえなかったのだ。世界を壊さないためにはタイラスを止める必要がある。ライズは彼の命を奪わざるを得なかった。
  • また、ライズは回収の旅の中フレヨルドでキーガン・ローデという男と出会い彼を弟子にする。だがキーガンもルーンの力を手に入れようとして火と怒りの化身ブランドになってしまった。
  • ライズは孤独な旅を続けている。全てのワールドルーンを封印するその日まで。

 

この教団ってまさかブレスドアイルと関係あったりします? ないかな

後はコミックでポータルを使い味方と共に脱出したシーンが好きです。

関連記事

公式関連チャンピオン

【LoLストーリー】ブランド:復讐の炎
「この地は炎に包まれるだろう。舞い上がった火の粉でも風でもなく、我が復讐によって」~ ブランド "ブランドとして知られる生命体は、かつてキーガン・ローデという名の凍てつくフレヨルドの部族の民であったが、今では偉大な力への誘惑に...

かつての弟子ですよ

【LoLストーリー】ミス・フォーチュン:美貌の賞金稼ぎ
「リスクがでかければ、それだけ賞金もでかいの」~ ミス・フォーチュン "美貌で名高く、容赦のなさで恐れられるビルジウォーターの船長サラ・フォーチュンは、面の皮の厚い港町の犯罪者たちの中でも一線を画して不屈である。子供の頃、略奪王のガン...
【LoLストーリー】トランドル:トロールキング
「腕力で倒せねえ相手は、頭を使ってやり込めろ。頭で勝てねえ相手は、腕力でねじ伏せろ」 ~ トランドル トランドルは巨大な図体をした底意地の悪いトロールであり、どんな相手でも力で抑えつけて従わせる――それはフレヨルド自体も例外ではない...
【LoLストーリー】ソナ:沈黙の弦奏師
ソナの旋律は魂を揺さぶり、ソナの沈黙はその身を引き裂く」 ~ ジェリコ・スウェイン ソナはデマーシアで随一の弦楽器エトワールの演奏家であり、その優雅な和音と活気あふれる旋律によってのみ自らの意思を伝えることができる。上品な態度で貴族...
【LoLストーリー】ナサス:砂漠の司書
「失われし栄華は復活の時を迎える」 ~ ナサス "ジャッカルの頭を持つ超越者ナサスは、古代シュリーマで生を受けた。威風堂々たる体躯を誇る彼を、砂漠の民は半神半人と崇めていた。頭脳明晰で学問を尊び、比類なき戦略家でもあったナサスは...

この辺りは動画「力への呼び声」で登場したメンバー

【LoLストーリー】ガリオ:伝説の巨像
大都デマーシアの外で、石の巨像ガリオは今も見張りを続けている。魔法に対する防衛機構として建造された彼は、強力な魔法によってその生命が満たされるまで何十年も微動だにせず、ただ待ち続ける。そしてひとたび目覚めれば、戦場の高揚感を堪能し、同胞を護...
【LoLストーリー】マルザハール:ヴォイドの予言者
「我らは永久なり。我らは贄を求めるものなり」~ マルザハール "あらゆる生命の合一にすべてを捧げる熱狂的な予言者マルザハールは、新たに現れたヴォイドこそルーンテラを救済へと導く道なのだと固く信じている。シュリーマの不毛の砂漠の中、...

コメント