【LoLストーリー】ライズ:ルーンの魔導師

「この世界は私が守る。創られた世界が壊されないように」~ ライズ

“ライズは類まれな能力を持つルーンテラ屈指の魔術師として知られ、古くから揺るぎない信念を持って活動している。その信念の裏に、彼は耐え難いほどの重荷を背負っている。ライズは計り知れない才能と神秘の力に関する膨大な知識を駆使し、ワールドルーン――無から世界を形成したとされる原始の魔法の断片――を探すことに人生を捧げる。古代文字が刻まれたルーンは、妄用される前に回収しなければならない。ルーンテラを創生した古代文字は、ルーンテラを破壊する力をも秘めているのだ。”(公式ユニバースより

ライズ-バイオグラフィー

物語:旧友

コミック:ライズ:灼かれた大地 

物語:灰の中より
 ブランドになる前のブランドとの長編

ASK RIOT サイオンはクサイ?
 言及されてます。世界が何故ルーンテラと呼ばれているのか。

ライズ:力への呼び声

バイオグラフィー

  • ライズにはタイラスという師匠がいた。彼は危険な遺物の回収と保護を使命とする教団の一員であった。
  • 教団の働きかけに逆らってルーンの存在は人々に広まっていった。人々はルーンを兵器とみなしていた。しかしその使用には大きな代償を伴うこととなる。
  • ついにワールドルーンが戦争に使われる。ライズは「ルーン戦争」をその目で見たのだ。ルーンが戦争に使われればどれほどの破壊をもたらすか。それを師弟は目の当たりにした。
  • 2人でワールドルーン回収の旅を続けていたがタイラスは次第にライズを遠ざけるようになる。彼でさえもワールドルーンの誘惑には逆らえなかったのだ。世界を壊さないためにはタイラスを止める必要がある。ライズは彼の命を奪わざるを得なかった。
  • また、ライズは回収の旅の中フレヨルドでキーガン・ローデという男と出会い彼を弟子にする。だがキーガンもルーンの力を手に入れようとして火と怒りの化身ブランドになってしまった。
  • ライズは孤独な旅を続けている。全てのワールドルーンを封印するその日まで。

感想など

この教団ってブレスドアイルと関係あったりします? 具体的にはスレッシュが所属していた所。

後はコミックでポータルを使い味方と共に脱出したシーンが好きです。

関連記事

公式関連チャンピオン

「この地は炎に包まれるだろう。舞い上がった火の粉でも風でもなく、我が復讐によって」~ ブランド "ブランドとして知られる生命体...

かつての弟子ですよ

「リスクがでかければ、それだけ賞金もでかいの」~ ミス・フォーチュン "美貌で名高く、容赦のなさで恐れられるビルジウォーターの...

https://loluni.net/trundle

https://loluni.net/sona

「失われし栄華は復活の時を迎える」 ~ ナサス "ジャッカルの頭を持つ超越者ナサスは、古代シュリーマで生を受けた。威風堂々た...

この辺りは動画「力への呼び声」で登場したメンバー

 LoLチャンピオン別ストーリー紹介、ガリオ編です。彼は像と勘違いされた修行僧ではなく今度こそちゃんと動く石像です。 大都...
「我らは永久なり。我らは贄を求めるものなり」~ マルザハール "あらゆる生命の合一にすべてを捧げる熱狂的な予言者マルザハールは、新...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする