【LoLストーリー】オリアナ:時計仕掛けの舞姫

事故で全身を機械に取り換えざるを得なかった少女。『人間だった頃の少女』の立ち振る舞いを父親に求められる窮屈さを感じて旅立つ。

「繭から羽化した蛾は、芋虫として生きていた時のことを思い出すのでしょうか?」~ オリアナ

“オリアナはかつては好奇心旺盛な血肉を備えた少女だったが、今では技術の粋を駆使した機械仕掛けの体になってしまった。彼女はゾウンの下層地域で起こった事故で重傷を負い、体の部位を一つずつ精巧に作られた人工物に置き換えなければならなかった。再び自由に動けるようになった今、オリアナは自らを守るお供として作り出した真鍮の球体とともに、ピルトーヴァーやその向こうにある世界の探索を続けている。”(公式ユニバースより

オリアナ-バイオグラフィー

物語 フィアラム

バイオグラフィー

  • 人工器官職人を父に持つ少女。演劇が好きで、劇で語られる広い世界に憧れていた。
  • かつては生身の人間だったがゾウンで起きた事故から人々を救う為自身が毒ガスにやられてしまう。父の作った人工肺で一命をとりとめるもオリアナの身体は限界を迎えており心臓以外の全てを機械化せざるを得なかった。
  • 機械化の影響でオリアナの人格には変化が現れた。だが父はオリアナに『前のオリアナ』らしい立ち振る舞いをさせた。従ったがオリアナの中には不満が燻っていった。
  • オリアナは自分で自分の身体を改造して過保護な父の助けなくとも自分で行動できるようになり、最終的には家を出て外の世界へと出ていった

感想など

この話は「前と違うけどこれはこれで良い」派もそこそこいるのかな。前のほうが好きって人もいる。

前は「リーグに参加したかったオリアナはその夢叶わずに死んでしまう。父コリンはオリアナをモデルにした機械人形を作ったが機械人形のオリアナは本人とは違う部分もありコリンからすれば違和感が拭えなかった」みたいな話だった。

“ある時は、あらゆる者を癒すというあり得ないほど高い山の頂を目指した巡礼者の物語。”がソラカと霊峰ターゴンの関係性辺りに関わってきたりしないか。

関連記事

公式関連チャンピオン

「歯車一ツ回ルダケデ、全テハ変ワル」~ ブリッツ "ブリッツクランクはゾウンからやってきた、ほぼ破壊不能な巨大ロボットだ。もともと...
「私の仕事は正確無比」~ カミール "フェロス一族のエレガントな主席スパイであるカミールは、法の及ばぬ領域で活動するために機械...
「機械化された心臓は決して鼓動を乱さず、感情に惑わされることもない。肉と血でできた脆弱な筋肉の塊などに、なぜ命を預けられる?」~...

その他関連記事

ピルトーヴァーは活気のある進歩的な都市であり、その力を徐々に増しつつある。ヴァロランの文化の中心地としても栄えており、芸術、工業、貿...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする