【LoLストーリー】ゾーイ:超常の遊び

「大人になりたくないなら、ならなくたっていい。なっちゃうかもだけど。でも、あたしはならない」~ ゾーイ

“いたずら、想像、変化を具現化する存在であるゾーイは、時空を駆け抜けて霊峰ターゴンのメッセージ――世界の再編を招く出来事の到来――を告げる。彼女の存在は、現実を支配する聖なる数学に歪みを生み出し、時に激変を引き起こす。意識的にではないし、悪意もない。だからこそゾーイはたっぷりと時間をかけて遊びに集中し、定命の者をからかい、あるいはただ楽しいからという理由で、平然とその義務を果たせるのだろう。ゾーイに出会うと気分が高揚して前向きな気持ちになるが、実際にはそれは常に危険と隣り合わせだ。”(公式ユニバースより

ゾーイ-バイオグラフィー

物語 ゾーイとの遭遇

チャンピオン開発エピソード ゾーイ キラキラモンスター

ASK RIOT PINGと盗まれた鍵
 ゾーイに関する質問への回答があります。ちなみにこの記事、最後の「誤字に関する質問」がなかなか秀逸なのでそれもお勧め。

ASK RIOT キュートなチャンピオン、Eフラッシュ 

バイオグラフィー

  • 遥か昔、数千年前に生きていた少女が霊峰ターゴンの神髄となったもの。
  • 霊峰ターゴンの神髄に選ばれる為には山に登って厳しい試練を乗り越えたりするものだが(そして登り切ったからといって必ずしも選ばれるというものではないのだが)ゾーイは特にそういうこともなく、ただのいたずら好きな少女だった。
  • ゾーイが霊峰ターゴンの神髄に選ばれた日、彼女はルナリの教師の授業が退屈だと抜け出し逃げ回っていた。追い詰められたゾーイは神髄に6つの品を提示される。他の品なら例えば逃げる為の術を得られたかもしれないがゾーイはおもちゃのボールを選ぶと蹴飛ばして跳ね返ったボールが教師に当たると面白がっていた。
  • この無邪気さをターゴンに認められ神髄となったゾーイは神髄の開いたポータルに飛び込むと教師にあっかんべーして消えていってしまった。
  • そんなゾーイがちょっと別次元で遊び倒していたら1000年とか経過してた。まあいっか。
  • オレリオン・ソルを「宇宙ワンちゃん」と呼びからかったりしている。
  • 彼女の行動理由はわからないが、面白いことをしたいのだけは確かなのだろう。
  • ゲーム内台詞を見るにエズリアルに好意を抱いておりラックスをライバル視している様子。
    • エズリアルをキル時の台詞「あれー!? いやだ、なんで動かなくなっちゃったの!?」がゾーイらしさを端的に表している気がする。小説でも街ひとつ爆破してましたしね。
  • とはいえゾーイは悪を成そうとしているわけではありません。チャンピオン開発エピソードによると「混沌・善のトリックスター」。時に人類全体を守るために少数を犠牲にすることはあっても、ちょっと手助けを「やりすぎちゃって」も、”彼女が誰かをからかってイタズラしていたとしても、それは彼女なりのやり方で、今後起こる何かに対して相手を備えさせているだけなんです”
  • Ask Riotによるとゾーイの鍵はフィドルから「借りた」ものらしいです

感想など

エズリアルのことが好きなターゴン勢ってことは実質的にタリック?

そんな冗談はさておき、宇宙スケールのいたずらっ子。ダイアナの時代にはルナリの民は滅んだと言われていますがゾーイが普通の少女だったのは遥か昔。時代が変わるには十分すぎる時間ですからね。

そんな彼女のログインスクリーンBGMはどことなくディズニー感。一方スキン(サイバーポップゾーイ)はスプラトゥーン感。

関連記事

公式関連チャンピオン

星を作る強大な龍だがターゴンの人間から貰った王冠が隷属の魔法だった。ターゴンの力と共に拘束も弱まったので自由を取り戻そうとしている。 ...

 ペットのワンちゃん!

★2019/7/30 VGUによるバイオグラフィー更新の感想記事書きました! 最高 もうLoreTierS+ 「我は...

その他関連記事

天才冒険家。遺跡で見つけた魔法のガントレットを手に世界を駆け回っている。ラックスと良い感じだったりゾーイに好かれたりモテるイケメン。 ...

 スキ!

「この光の力を使えるのは私だけ、だからどこで輝かせるかは気を付けてるの」 ~ ラックス ラクサーナ・クラウンガードは魔法の才能を...

 キライ!

太陽に焼かれる岩山、霊峰ターゴンは、世界に類を見ないほどの山塊に囲まれる、ルーンテラでもっとも壮大な山である。人里離れた大自然の中にそび...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする