【LoLストーリー】ヴェル=コズ:ヴォイドの瞳

目からビーム教授。現実を分解して物事を分析するヴォイドの怪物。

「真実は分解によってのみ明らかになる」

~ ヴェル=コズ

“ルーンテラに現れた最初の「ヴォイドの子」がヴェル=コズであるかどうかは定かではないが、彼の残酷さと計算された知性にかなうヴォイドの生命体は他に存在しない。彼の同族たちは周囲のあらゆるものを貪り喰うか穢すかのどちらかだが、ヴェル=コズは物質世界とそこに住む戦争好きの奇妙な生き物たちを詳細に調べて研究し、ヴォイドが利用できる弱点がないか探している。しかし、ヴェル=コズは受動的な観察者などからは程遠い。自らに脅威を及ぼす者がいれば容赦なきプラズマで反撃し、この世界の構造そのものを破壊する。”(公式ユニバースより

ヴェル=コズ-バイオグラフィー

物語 もうひとつの飢え

物語 深淵の瞳

バイオグラフィー

紹介はあっさりですが、おすすめなのでぜひ本編を読んでください。

  • ヴォイドの世界から「ウォッチャー」によって現世に送り込まれた「ヴォイドの子ら」の中でも初期の個体。イカシアの戦争よりも遥か昔から存在しシュリーマの人々に恐れられていた。
  • 知識欲旺盛。山から海まで世界中を回り、目からビームを発して分解することで対象を理解する。
  • 知識を得ること。それをウォッチャーと共有することを目的にしているようだ。

ウォッチャーが現世に出ようとして閉じ込められたのは恐らくリサンドラの話か。

感想など

「知識を得る為にビームで全部分解してしまうの割と脳筋っぽいムーブだけど初期からいたの存在なら納得」というコメントをどこかで見たのが印象的でした。

関連記事

公式関連チャンピオン

https://loluni.net/khazix

https://loluni.net/chogath

https://loluni.net/kogmaw

https://loluni.net/reksai

その他関連記事

「氷の下には、多くの秘密が埋められている…」 ~ リサンドラ "フロストガード(氷結の守護者)の指導者であるリサンドラは滅多...

参考:Vel’Koz – League of Legends wiki

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする