【地域紹介】霊峰ターゴン

地域別紹介

太陽に焼かれる岩山、霊峰ターゴンは、世界に類を見ないほどの山塊に囲まれる、ルーンテラでもっとも壮大な山である。人里離れた大自然の中にそびえる霊峰ターゴンは完全に孤立しており、最も意志の強い探求者でなければ、到達することは不可能である。多くの神話に謳われる地の例に漏れず、霊峰ターゴンは夢想家や狂人、冒険者たちを引き寄せる。中でも勇敢な者は、この途方もなく壮大な山に挑もうとし、ある者は知恵や啓示を、ある者は栄光を、またある者は山頂の景色を魂の奥底から求めて、その頂を目指す。その登頂は困難を極め、辛うじてその頂に辿り着くことができた数少ない者たちは皆、そこで見たものについて聞かれると、一様に口を閉ざす。帰還した者の中には、憑りつかれて虚ろな目となった者もいれば、以前の面影もないほどの変貌を遂げ、定命の者では到底理解しえない運命と共に、この世のものではない非人間的な「神髄」の力を授かった者もいるのだ。

/dev diary: 霊峰ターゴンへの旅

 

/dev diary

/dev diary曰くこのような事が語られています。

  • 魔法の力で天に向かい引き上げられてできた山
  • 「過酷だが居住可能」であることをコンセプトに。
  • ラッコールの民とは遥か昔に霊峰ターゴンの声に導かれこの山に住むことに決めた者達である
  • 太陽を崇めるソラリの民、異端とされる月を崇めるルナリの民がいる
  • 山の頂上には神髄と呼ばれる者がいて、天上のものから選ばれ力を授かることがある。
    • その為に山に登る者は多いが、神髄に選ばれるのは100年に1人くらい。
    • 同時代にパンテオンレオナダイアナタリックの4人の神髄が現れたというのは世界の危機が迫っている証なのだとターゴン人は考えている
      • ゾーイは1000年とかそれ以上とか前の人なのでまた別……と言いたいところではあるが、彼女が現れたこともまた世界に大きな変化が現れる前触れなのである。

歴史

古代

  • 遥か昔、オレリオン・ソルがターゴンの人々に王冠を貰うがその王冠はオレリオン・ソルを支配する為の罠であった。
    • オレリオン・ソル:自由になりたい
  • ソラカは天界からルーンテラに降りてきた存在。
    • ソラカ:ひとりひとりの人生を豊かにするため世界中を巡る
  • ゾーイが「神髄」を授かる。このころはまだルナリが迫害されたとかではなさそう。かつて太陽と月は敵同士ではなかったのだから。
    • ゾーイ:楽しいことがしたい。色々振り回しながらターゴンのお告げをするよ
  • (1000年単位で経過)

現代

  • パンテオンレオナダイアナタリックがそれぞれ霊峰ターゴン登頂を達成し「神髄」の力を授かる
    • パンテオン:人間だった頃の自我はなくなりターゴンの敵を滅ぼしている
    • レオナ:ダイアナを探している
    • ダイアナ:現在アイオニアにいる? ナミがダイアナを探している様子
    • タリック:ヴォイドと戦っている
  • アフェリオスはルナリの修行僧兼暗殺者

 

所属チャンピオン関連記事

オレリオン・ソル
オレリオン・ソル
パンテオン
パンテオン
タリック
タリック
レオナ
レオナ
ダイアナ
ダイアナ
ゾーイ
ゾーイ
ソラカ
ソラカ
アフェリオス
アフェリオス

コメント