【LoLストーリー】ノクターン:終わりなき悪夢

「闇が近づいてくる…」

~ ノクターン

“知覚を持つあらゆる生物が見る悪夢の融合体であるノクターン。その存在は、純粋な恐怖をもたらす根源的な力そのものとなった。混沌として明確な姿は持たず、顔の無い影の中には冷たい目が浮かび、不気味な刃を携えている。精神世界から脱したノクターンは目覚める者たちの世界に降り立ち、真の闇にのみ存在する恐怖を人々に与えている。”(公式ユニバースより

ノクターン-バイオグラフィー

物語 闇の扉

バイオグラフィー

  • 影の魔術の使い手たちは霊体の暗殺者を呼び出しルーン戦争で力を振るったが、それは使い手の精神を侵食し、時に召喚した対象が使い手を殺しに来ることさえある危険な魔法だった。
  • 多くの影の魔術師に恐怖を与え最後には葬ったのがノクターンだった。彼が暴れまわった結果影の魔術は世界中で禁じられた。

  • 影の魔術を使う人間が減った為に飢えていたノクターンだが、人が眠っているときに見る夢を経由して実体化する術を得る。

ルーンテラマップによると、デマーシアのフォスバローという地と関連付けられています。これは物語:デマーシアのためにの舞台となった場所で、ラックスガレンが街を支配する悪夢に立ち向かうというエピソードがありました。

関連記事

公式関連チャンピオン

「均衡は愚者の教えなり」~ ゼド "無慈悲で非情なゼドは、ノクサスの侵略者たちを追い出すためにアイオニアの伝統的な魔法と武術を軍事...

影の魔術といえば

ルーンテラのサキュバス枠。チャームで引き付けて人の苦痛を愉しむ悪魔。 「ねぇ…今夜は何をして過ごすの?私と一緒にあなたの苦痛の泉を...
「この世界は一筋の川である。そして、吾輩がその王なのだ」~ タム・ケンチ "タム・ケンチは過去に様々な名前で呼ばれてきた悪魔であり...

悪魔の皆さん。特にイブリンはかつて不定形だったこと、人の感情を糧とする所など共通項が多いですね。タム・ケンチも実体を持たずに彷徨っていた時代があったのでしょうか?

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする