【完結済】アッシュ: アヴァローサンの戦母【コミック】

戦士でありながらも魔法の力をその極寒の大地から授かるアイスボーンの娘、アッシュ。しかし母親からの過度の期待が彼女の双肩に大きく圧し掛かっていた。古くよりフレヨルドに伝わる神話に秘められた真実を探すために旅に出る彼女、しかしその先に待っていたのは失われる絆、白日の下に晒される真実、そして大きく変わるルーンテラの未来。若きアッシュは部族の長となれるのか、それともその運命はただの夢に過ぎないのか。

以前紹介した通りアッシュを主人公とした長編コミックがリリースされました。全4話で毎月1話ずつ公開される予定です。(2019/3/21 完結しました)

コミック アッシュ: アヴァローサンの戦母 を読む!

ASK RIOT サイオンはクサイ?

にてフレヨルドの結婚観が語られているので、読んでから入ると少しとっつきやすくなるかも。漫画で出てきた分もざっくりまとめるとこんな感じ。

  • フレヨルドは女性のリーダーが部族の指導者になる社会。これはアイスボーンという種族の持つ魔力が女性に強く受け継がれるから。
  • アッシュが薄着で平気なのはアイスボーンが寒さに強い特性を持っているため。
  • とはいえアイスボーンはフレヨルドの民の中でも一部で多くは氷の魔力を持たない一般人(ハースバウンドと呼ばれている)
  • 戦母と呼ばれる部族の指導者は時に一妻多夫の形式をとることもある。戦母の夫(たち)は血盟と呼ばれ、戦母とその子を守る。なお、血盟が子の生物学上の父親であるかどうかは区別されない。

Special Editionについて

上記リンクから全話無料で読めるのですが、kindle版のSpecial Editionも発売されています。

※今から買うなら書き下ろしつきのペーパーバック版がおすすめ!(7/31発売予定です)

(以下Amazon)

ペーパーバック(English)


リーグ・オブ・レジェンド:アッシュ:アヴァローサンの戦母

2019/5/142019/7/31発売予定の物理書籍です

電子書籍版のおまけに加えてセジュアニを主人公とした短編小説もついてきます。

電子書籍版

無料版との違い

#1では

  • キャラクターデザイン
  • 制作過程(いわゆるネーム)
  • 用語集

がついてきました。他のチャンピオンのバイオグラフィーなどからぼんやり用語の意味はこんな感じなのかなと思ってはいましたが実際文章にしてまとめられると理解度が全然違いますね。

#2では

  • プロット(英語版)
  • 制作過程
  • 用語集

付属。

#3

  • プロット(日本語):コミック最終版と一部差異があります
  • 制作過程
  • 用語集

#4

  • プロット(日本語):コミック最終版と一部差異があります
  • 制作過程
  • 用語集

注意点

Special Editionのタイトルに「#1」とあることからもわかるように、1話分の値段です。

コミック感想

アッシュってアイスボーンだったの?という話はリサンドラのストーリーアップデート時に既に出ていたのですが、今回衝撃の事実が。

昔は金髪だった。

やはり弓を得た時に姿が変わったりするんでしょうか? ちなみに後天的銀髪だとダイアナもそのパターンだったりします。

(完結にあたって)

セジュアニはただアッシュを守りたかっただけで、でもアッシュは他人を虐殺してまで守ってほしくなくて。彼女たちは運命という言葉をどう捉えるかが違っていて。

彼女たちの間には確かに絆があったというのに、少しのすれ違いがそれを変えてしまい。

けれど、もう二度と分かり合えないとは思いたくない。思いたく、ないのです。

Board

Ashe: Warmother. Issue #1. Avail nows!(NA Board)

(Rioterのコメントのごく一部の翻訳 by loluni)

  • 第一話時点のアッシュは15-16歳でゲーム内の姿はその6-8年後くらい
  • Q.トリンダメアは? A.1話目ではまだ会ってません
  • コミック完結後にフレヨルドのストーリーアップデート予定(“I believe at the end of the series the frelodian bios will be udated.”)
    • 途中でもいくつかアップデートされてるので「完結までにはアップデートを完了させる」かもしれません

関連記事

アッシュを主人公にした長編コミックが12月リリース予定です! 詳細は以下の動画から /DEV DIARY: リーグ・オブ・レジェンドコミッ...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする