League Directorの使い方

「League Director」で検索してブログに来る方がいたので試しに使ってみました。

英語版チュートリアル こちらも併せてご覧ください。

League DirectorとReplay APIの関連情報 – Game 4 Broke

1 ダウンロード・インストールまで

https://jp.leagueoflegends.com/ja/page/league-director-replay-camera-tool

まずはここから「LeagueDirectorSetup.exe」をインストール。

2 起動画面

ダウンロード・インストールして起動するとこんな画面が出てきます。

(※PBEアカウントを持っているためPBEだけ出てきました)

League Directorを使うにはReplay APIを起動する必要がありますと出てきます。

3 developerアカウント作成

ということでdeveloperのサイトにアクセスしてアカウントを作成。(twitterやdiscordのアカウントもあるようです。discordチャンネルに登録したらBOTが挨拶を返してくれました。)

CREATE ACCOUNTボタンを押してアカウントを作成したらAPIキーを更新します。

4 コンフィグの設定

次にコンフィグの設定をします。テキストエディタ(今回の解説ではTeraPadを使用しています)でgame.cfgファイルの[General]の下に

EnableReplayApi=1

という一行を追加します

5 起動確認

League Directorを再起動します。右下のウインドウに使いたいクライアントのgame.cfgが出てくればOK

6 リプレイ再生

ここまでできたらLeague Directorを開いた状態でLoLのクライアントを起動し、クライアントから通常通りリプレイを起動します。

英語版チュートリアル こちらも併せてご覧ください。

League DirectorとReplay APIの関連情報 – Game 4 Broke

(私は仕様を理解せずに弄ってしまった感が否めないので)

フルスクリーンではなくウインドウでクライアントを開いてLeague Directorを見ると色々調整画面が出てきます。

オプションを開くと一人称カメラが増えていました。

色々触ってみてください。

7 自作動画

5分くらい触ってみたものがこちら(編集・プレイの未熟さはご容赦ください)

動画作り終えてから「これLeague DirectorじゃなくてFPSモードでは」と気づいてしまった。

時間をかければもっとカッコいいmontage動画が作れると思います。BGMとかつけて。

関連記事

正式名称はこちら:PBE: League DirectorとReplay API(新たなコンテンツ制作ツール) 使い方も紹介してい...
スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする