パッチ9.4 ケイル&モルガナアップデート!

パッチノート(ストーリー)

ゲームプレイの調整はこちら:パッチノート 9.4

今回の更新内容

パッチノート9.4:物語エディション

 

セジュアニとウディアの物語について

セジュアニとウディア: 『呪われし者の沈黙』(作者:Odin Austin Shafer)

ボリベアも出てくるよ あとちょっとだけアッシュオーンの話

ちなみにこちらの作者Odin Shafer(WAAARGHbobo)氏は「アッシュ:アヴァローサンの戦母」のストーリーも担当されています

 

「私は、これ以上痩せさらばえて寒さに耐えられない子供たちを増やしたくない」

このセジュアニはまごうことなく指導者している

あとルーンテラにマンモスいるんだ

マンモスって結構ロマンありますよね

ケイルとモルガナについて

ケイル&モルガナ:トレーラー

チャンピオンアップデート:ケイルとモルガナ

  • モルガナは性能に大きな変更はなし。ultで敵に向かう時の移動速度が増加
  • ケイルは通常攻撃主体のチャンピオンである事はそのままに大きく変更。
    • 固有スキル:通常攻撃ごとにスタック増加 レベル依存のAS・MS・通常攻撃強化
    • Q:AR・MR減少とスロー 方向指定
    • W:回復と移動速度増加 2体に入るように
    • E:遠隔攻撃化・AoE
    • R:単体無敵 周りの敵にダメージ
  • こう書くと変わりつつも前の要素が残っているような?

 

バイオグラフィー:ケイル

バイオグラフィー:モルガナ

バイオグラフィー

  • ルーン戦争時代、霊峰ターゴンに登頂し「正義の神髄」に選ばれた女性から生まれた双子の姉妹
  • 神髄となった2人の母親は戦いに明け暮れ、敵を引き寄せていた。父親は子供を守るために後にデマーシアと呼ばれる事となる地に2人を連れて行った
  • 10代の頃、天空から落ちてきた母親の剣を手にすると姉妹の背中には翼が生えた
  • 裁きを下すケイルと罪を償うものを守るモルガナは力を合わせデマーシアの人々を守っていたがケイル陣営の過激派がモルガナを投獄しようとする。
  • モルガナはそれを打ち倒す。姉妹は対立し戦うことになったが争いに巻き込まれて父親が死んでしまう。
  • 今ではデマーシアの神話としてケイルの存在が知られている

 

ガリオの造形とか、クインの台詞の「正義には、翼が生えてるのさ」辺りがケイルの存在を踏まえての発言という説出てきましたね。

関連記事

【LoLストーリー】セジュアニ:極北の激憤
「私は氷から切り出され、嵐によって形作られ、冷気によって鍛えられた」 ~ セジュアニ "苛烈で情け容赦のないセジュアニは、フレヨルドで最も恐れられる部族のひとつであるウィンタークロウの戦母だ。彼女の部族は常に過酷な自然の中で生き...
【LoLストーリー】ウディア:精霊と歩む者
「我らは自然の遺志の代行なり」 ~ ウディア "ウディアは、ただの人間ではない。太古より存在するフレヨルドの動物の精霊を宿す、野生の力をたたえた「器」――それがウディアである。彼は精霊から能力を借り受けることで、自らの身体に様々...

コメント