「ろるゆに」を始めるにあたって-ブログ入門者の徒然

 お久しぶりです。今回はLoLの物語の話ではなく、このブログを作るまでのお話。1か月経過した感想ともいいます。

チャンピオンだけでなく「ユニバース」に惹かれたこと

 3月で仕事がひと段落するため、4月から何かやりたいなと思いまして、LoLのストーリーブログを作ろうと思い立ちました。

 そう思ったのはまだLoLのストーリーに特化したブログが見当たらなかったから。チャンピオンのストーリーに少し触れているブログはちょくちょく見かけました。動画やツイッターでチャンピオンの物語を解説している人はいました。勿論それはとても、とっても素晴らしいことです。

 そこから私はもう一歩進んでみたい。そう考えました。例えば「ダリウスのコミックとピルトーヴァーの地図が繋がっている」という情報をNAのボードから知った時の興奮。「アニーの姉妹はひょっとしてアイバーンのトモダチになったのだろうか?」という2人のデイジーの話。深く知っていけば、1体のチャンピオンの物語だけを見ていては気づかない複合的な感動がもっと得られるんじゃないか。

 特定チャンピオンに帰属する物語はLoLのストーリーにおいて最も基本で重要なエピソードですが、それだけがユニバースのすべてじゃない。タマラ・ラウターリというノクサスのスパイがピルトーヴァーで人々がどう生活しているかを写し取ってくれた。ケイトリンに出会う前でさえ世界観に引き込まれた。トイレ事情にまで触れたファンタジー作品って初めて見たかもしれません。

 このブログの紹介文ではチャンピオンとキャラクターを意図的に書き分けています。私の最初の記事なんてスポットライトを当てたのがダリウスの他にはタマラ・ラウターリとインヴェティア・ヴァーン、どちらも「複数の場所に登場したがチャンピオンではない」キャラクターです。チャンピオンのことは勿論紹介するのですが、それ以外のキャラクターにも触れたいという意図を持ってこうしているのです。ルシアンのログインスクリーンに奥さん出てきてるところとかかなり評価してますよ私。

無料ブログか有料ブログか

 無料ブログにするか有料ブログにするかはちょっと迷いました。

 有料ブログをお勧めする声が多かったです。軽く調べたところ有料ブログはレンタルサーバーと独自ドメインというものを取得してWordpressというもので作れるらしい。

 迷ったのは「稼ぐことが第一目的のブログではない」からです。これは一切広告を入れないという意味ではなく稼ぐ為に興味のないジャンルを選ばないという事です。だって興味ないブログを無理にやったって続かないですもん。

 それでも結局有料ブログを選んだのは「削除されにくい」と言われた事が一番大きいです。まだ初めて1か月のブログですが、10年後もLoLが続いてストーリーの話を楽しんでいられたらいいなあという気持ちがあったからです。その頃はLJLってどうなってるだろう、強くなってるといいなとか。将来どんなチャンピオンが生まれるだろうとか。コミックとか小説とか動画とか増えるだろうなあとか。

 ……公式設定そのものが変わりうるジャンルゆえLoLが終わるより先に私がLoLを愛せなくなったらどうしようという不安はあるのですが。2年くらいのLoLストーリー萌え歴で何度かショックを受けて、それでも立ち直ってこれたから、自分を信じてみようとそう思えたのです。

有料ブログを作るにあたって

 まずはレンタルサーバーと独自ドメインというものが必要でWordpressというのを使って作るらしいので取得してみました。

レンタルサーバー

 ブログの始め方に関するブログを書いている人はエックスサーバーをお勧めしている方が多い様子。初期費用3000円で月額も何か月払いかによるけど12か月でも月あたり1000円。これを高いとみるか安いとみるか。マルチドメインっていうのがあって1つのサーバーで複数のドメインを持てるので複数ブログで本格的に収益化を狙うのならアクセスが多くなってもサーバーが落ちにくいこと、アクセスが早いという点で良いのではないでしょうか。

 私はロリポップ!を使っております。こちらは初期費用1500円、Wordpressを使えるライトプランでも月額250円から。 有料ブログを始めてみたいけどできる限り安くしたい人向けかな。ただしライトプランだとデータベース1つしか持てないので複数のブログを作ろうって場合はスタンダードプラン(月額500円から)で。私はそもそも1つのサーバーで複数ドメインを取得してブログを作れるって最近知りました。

独自ドメイン

  要するにブログのアドレスです。無料ブログで持てるアドレスって会社名が入ってたりしますが、会社に依存しないサイトアドレスを持てるというメリットがあります。Googleアドセンスにも必須。時々インターネットの海を巡っていると多分独自ドメインが切れたんだろうなっていうページがありますね……。私はムームードメインを使いました。というのもロリポップ!と同じ会社なので設定がしやすかったのです。

WordPress

 これ一回騙されかけました。WordPress.comは今回想定されているワードプレスじゃない。

 WordpressっていうのはCMS(Content Management System)というソフトウェアの一種です。CMSっていうのはHTMLとかCSSとかの知識がなくてもWebサイトを作れるようにしたソフトです。Wordpressそのものは無料だけど、それを利用するためのサーバーとドメインが有料であるためにWordpressは有料ブログと呼ばれています。プラグインを入れることを前提としたカスタマイズ性の高いブログ作成システムといったところですか。色々できます。

 対応しているレンタルサーバーだと自動インストール機能があるので簡単ですよ。日本語の情報源も多いので「wordpress ブログ 作り方」とかでググると色々出てきます。

Googleアドセンス

 クリック報酬型の中では収益効率が良い代わりに審査が通りにくいという噂を聞いていたのでダメもとで申し込んでみたのですがブログ初めて12日で割とすんなり通りました。記事の文字数は1000-2500くらいです。何かに特化したブログは審査通りやすいって噂だしそれが影響してたのかなあ?

飽きっぽくて寛容な人に捧ぐ

 そしてLoLのストーリー萌えというのが難しい立場に置かれているのは「公式設定そのものが変わりうるジャンル」という部分の影響がとても大きいです。

 「飽きっぽくて寛容な人」に向いているのではと解釈したのはすべてそれが理由です。「公式設定が頻繁に更新されるが大きすぎる変化ももたらされる」という点。短期的であればLoLのストーリーは幅が広いので誰かしら好きになるチャンピオンは一人は見つけられるのではないかと思います。でも、長期的には。せっかく好きになったキャラクターが別人レベルに変更されてしまいうるのです。

 これが、私がLoLのストーリーを応援しているにも関わらず万人にはおすすめしない理由です。「何一つ変えるな」とは思っていません。ジャンナがスラム育ちから風の女神になったのは好きでした。でも、両親の生死以外は前の物語を変えずに膨らませただけのはずのザックの物語には深く悲しみを覚えたのです。その時「前とどれだけ違うか」だけがストーリーの良し悪しではないことを理解しました。

 そしてさらに、「飽きっぽくて寛容」ってひょっとしてコアな対戦ゲームを好む人から遠いかもしれません。ランダムで敵味方が決まるチームゲーム(プリメイドもありますが)なので時には下手な味方が来るときもあるでしょう。勝ちたいという気持ちがあるからこそ強く当たってしまう。闘争心が割と薄い私から見ると、勝つ為にイライラできるのは一つの才能だと思うけれど(勿論わざと負けたりはしてませんよ)。

 私は何人も見てきました。LoLの物語を一度は愛したけれど変化に耐えきれず離れていってしまった人たちを。もちろんそれはその人の自由です。許せないものを許せないと言いながら縋りつくより健全な態度だと思います。それでも私は寂しかった。私がストーリー萌えの面において深層で求めていた同志は同じチャンピオンが好きな人じゃなくて、公式に対して許せる範囲が広い人なのかもしれない。時に愚痴をこぼしたり、公式に抗議したりしながらもそれでもLoLの物語を愛することをやめない、そんな人。

最後に:このブログが目指す所

 ろるゆには自分の為でもあります。記事を更新するという目標を置くことで「ストーリーを深く読み込もう」という決意を新たにするための。最近更新できなかった日が続いてしまったけれど。

 私が最終的に目指したいのは「公式のユニバースを読む為の参考資料」です。例えばシャドウアイルのチャンピオンではありませんが地域:シャドウアイルから関連チャンピオンとしてルシアンを挙げるようなことをしていきたいのです。いずれは公式のユニバースももっと充実するかもしれませんが、ゲームプレイ面の調整を行わなければならないRiotが物語面においてある程度後手に回るのは仕方ないのでね。

 googleで「site:https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/  検索ワード」と検索するのもいいかもしれません。こうすればユニバース内のものだけが検索できます。画像などもあるので全てをカバーはできませんが参考までに。

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする