いつか男性のピュアエンチャンターが欲しいという記事です

新チャンプはねこです よろしくおねがいします

ユーミはlore面でも新しい要素を持つチャンピオンであり、彼女が来たことはとても嬉しいです。ケチをつける目的は一切ありません。可愛い。

ユーミのストーリーや性能に文句を言う記事ではありません。

既存の女性あるいは男性あるいはその他のチャンピオン達、その他の何らかを否定する記事でもありません。

いつの日か新チャンピオンとして伝統的なエンチャンターでなおかつ男性が実装されたらいいなという記事です。ただそれだけのことです。

4000文字超の長文です。

↓短縮版(ボード投稿分)はこちら

【Board投稿】いつか男性のピュアエンチャンターも欲しいなとか

久々のエンチャンターとバンドルシティ勢ありがとう

まず、新エンチャンターが6年ぶりに実装されたことはとても素晴らしいと思っています。(直近でもナミって言われてましたがナミの実装日は2012/12/07 ちなみに、デマーシア所属の新チャンプとしてはサイラスの前はルシアンで5年半近く空いています)

そしてバンドルシティ勢は7年ぶり。(直近でルルが2012/03/20)

今年は「久々に〇〇来るんじゃないか」という年なのでしょうか。ありがとうございます!

久々の女性サポートチャンプ

そして直近のサポートチャンプ実装の流れを見るとタム・ケンチ→ラカン→パイクと男性チャンピオンが連続してきました。(ニーコもいますが、彼女はサポートもいけるメイジという枠でヴェルコズとかに近いでしょうか)そのため、そろそろ女性の正統派サポートチャンプを実装するタイミングであるというのも正しいのです。

バンドルシティの「猫」であるという新規性

バンドルシティ勢であるにもかかわらず非ヨードルって初では?」「ここまでねこねこした猫初めて」という点では新しさを感じるので私はユーミの造形好きです。

ただ、これが「エンチャンター」という枠で括るとなると話は違ってきます。エンチャンター男性というのは結構少ない。

でも男性エンチャンターも欲しいんだよ

求めてるのはこういう感じのやつです

(画像出典:ジュエルセイバーFREE

エンチャンターの定義

そもそもエンチャンターとは何かを理解する為に、ここでLeague of Legends wikiの「Enchanter Champions」、公式記事「開発者ブログ: クラス&サブクラス」「サブクラスの見直し」を見てみましょう。

エンチャンターは味方の能力を増加することに特化していて、直接的に味方を強化したり、敵の脅威から守ったりします。通常、エンチャンター自身は脆弱であり、比較的低いダメージしか出せません。そのため、他のチャンピオンと一緒にいる場合にのみその真価を発揮することができます。

回復やシールドをメインとしたサポートチャンピオンと考えていただければよいです。

エンチャンターとして挙げられているチャンピオンは6体。ソナ/タリック/ソラカ/ルル/ジャンナ/ナミ。その男女比は女5:男1と圧倒的です。そして、ここに挙げられている女性チャンプは全員柔らかめのサポートメイジですがタリックだけは「ワーデン(防御的タンク)とのハイブリッド」で、純エンチャンターではないのです。

いいですか、もう一度読み上げますよ。

通常、エンチャンター自身は脆弱であり、

タリックはエンチャンターとしては例外的な存在なのです。

ここにユーミが加わればしばらくの間「伝統的なエンチャンターの比率が男:女=0:6(あるいは男0:女5:猫1)」になるというわけで、それならいつか男性が増えたっていいですよね?

他にも男サポートはいるけれど

タリック

先ほども上げたけど回復・シールド・無敵とエンチャンターの要素はあるがタンク系のチャンピオンなのでナミやジャンナとは毛色が違う

ジリアン

ユニーク・プレイスタイルに分類されてますね

「男性メイジサポート」の要件は満たしていますが回復する要素がultの単体蘇生だけというのはエンチャンターらしくないかな

ラカン

キャッチャー(相手を捕まえるのが得意なサブクラス。他にはスレッシュ/モルガナなどが含まれます)チャンピオンに回復・シールド要素がついてきたという印象。純エンチャンターではない

バード

(∵) こちらもキャッチャー分類 伝統的なエンチャンターが縦横無尽にロームするだろうかという話

そもそもバードに性別という概念があるのでしょうか。

アイバーン

キャッチャー分類

彼がジャングラーだという点も見逃してはならないポイント。今回の要件定義はbotレーンでマークスマンとかを育てたりするタイプのサポートなのです。

ブランド

お前はどう考えてもエンチャンターではない

結論

男サポートはキャッチャー(フック系を代表とするイニシエーター。スレッシュ/ブリッツクランク等が該当する)かワーデン(防御的タンク。ブラウム/タム・ケンチなど)が多い

ちなみに女性で少ないサブクラスはワーデン。でもポッピーがいるので0ではないですね

求める声はある

ただ、純エンチャンターのオスに需要がないというわけではないはずなんですよ。

https://boards.na.leagueoflegends.com/en/c/story-art/Yjj0k4lx-new-support-is-probably-a-yordle

https://boards.na.leagueoflegends.com/en/c/story-art/WA8HwOnO-my-thoughts-on-yuumi-as-an-enchanter-main

これらのボードでも男性の純エンチャンターを求める声があります。特に2つ目はStory, Art, & Soundに投稿されており、男性ピュアエンチャンターを求める声が主題となっています。

ちなみに「タリックやラカンがいるだろ」「彼らは少し方向性が違う」という話も既にされています。

男性エンチャンター来るとしたらどんなキャラクターになる?

始めに言っておくと、私はタリックもラカンも大好きです。「AoEチャーム持ちのセクシーな男性サポートチャンピオン(リア充)」なんてものを生み出したRiotには感謝しかありません。

ピュアエンチャンターの定義

ただ、彼らは私が今回挙げている『男性ピュアエンチャンター』の定義に入ってこないのです。

伝統的なエンチャンターとは、レーニングで相手にオールインされないよう細心の注意を払いながら遠くからスキルを当てて敵の体力を削り味方の体力を回復するようなチャンピオンなのです。悪く言えば柔らかくて機動力もないのでブリッツクランクが対面に来ようものなら戦々恐々とするような、そういうを求めているのです。

性格

エンチャンターにマッチした性格を考えると、ソラカやジャンナのような心優しい人かなと思いますが、ギャップがあっても良いです。ソナはサイコパスって噂もありますしね。

個人的な希望としては一人称「僕」の内気な優男が欲しい。(今まで出てきたチャンピオンの中だとアムムが近いでしょうか?)

20代くらいの穏やかな細身の青年だと理想。悪く言えば女々しいとかなよなよしている、という表現になるでしょう。

タリックは「細身」じゃないし(まさにタンクサポートって感じで素晴らしいと思います)、エコーやエズリアルは「内気」や「穏やか」というタイプではなく、ブラッドミアだと狡猾さが先行してくる。アイバーンは近いけど彼は人間の姿を現在していないし、青年通り越してお爺さんだしなあ。

いわゆる「男らしい」キャラクターではないかもしれません。けれど、女が「女らしさ」という檻から解き放たれつつある今、男もまた「男らしさ」という檻から解き放たれるべきなのです。

一人称「僕」が似合いそうな男性がいい

ところで一人称が「僕」のチャンピオンがいるか思い浮かべてみるとアムム/ティーモ/トリスターナ/アイバーン辺りが浮かびました。

ここで私はふと考えました。まさか人間男性チャンプで「僕」ってまだ0?(もしいたら教えてください)

(もちろん英語の一人称がIだけというのはわかってるのですが、日本語訳したときに似合いそうかどうかという話です)

ちなみにチャンピオン以外だと優男系のキャラはいて、マルクロム(アッシュのコミックに出てきた人)やカイ(ヴァルスの1/3)が優男エンチャンターの造形として理想に近いです。

既存の作品だと「ケムリクサ」のわかばくんとかもイメージに近いですね

「ケムリクサ」をPrime Videoで観る!

全12話アニメに対するファンの宣伝の多くが「いいから11話まで見てくれ」だったけれど、自分も見た感想が同じものになってしまった作品です。エンディング曲好き。

おまけ:イレリアのボイス音声を切り貼りしてケムリクサのEDを歌わせたもの

所属とロールのバランスという点では他にも

ノクサス:sup/jg

 「力こそ全て」という理念を持つノクサスにおいてサポートチャンピオン、それもエンチャンターとなると一見全く合わないように見えますが、ノクサスにおいて力とは腕力だけではありません。「政治や商才に長けた者も力あるとみなされ、評価を受ける」のです。

 ノクサス勢のサポートは造形が難しそうですが、上手くやればとんでもないギャップ萌えの怪物を生み出せそう。

とはいえsup/midフレックスのメイジでもいいかも。来そうなのはザイラやブランドなどダメージに寄ったメイジで、来たら面白そうなのはカルマやジリアンくらいユーティリティ寄りのメイジかな。

 ジャングラーを想定して開発されるノクサス勢のチャンピオンは普通に来てもおかしくないと思います 

おまけ:LoL公式パートナー aryudさん サイオンjgが得意

ターゴン:adc

supは3体(レオナ/タリック/ソラカ)いるのにな! っていうそれだけの話です。全体の数が少ないし、あまりチャンピオンが量産されるタイプの地域でもなさそうなので過大な期待はせずにのんびり見守ってます。

シュリーマ:sup

 設定としては存在するはずだけどまだ新チャンプになってない「女性超越者」とかでもいい 以前女性超越者のサポートチャンピオンが没案にあったらしいという噂(ソースは忘れてしまいましたが)

ダーキン:mid/sup

 5人いるなら5ロール揃ってもいいのでは?という安直な発想 ここも地域全体のイメージとしてあまりサポートっぽくないけど、スレッシュとかパイクがいるのでいけるいける

 ターゴンと同じで単にまだ全体の母数が少ないだけともいえます。

辺りが見てみたいですね。

そもそも属性を網羅する必要があるのか?

私は「ある」と答えたいです。

何故ならリーグオブレジェンドは140を超える個性的なキャラクターが存在し、これからも増えていくから。

Ask Riotの記事でかつてこんな発言がありました。

個人的には、多様な女性および男性キャラクターが用意されていることは、LoLにとって非常によいことだと思います。多種多様なニッチを狙えますし、それはLoLのように数多くのキャラクターが存在するゲームにとってはとても重要なことです。

Riotが「多種多様なニッチ」を狙っていく限り、属性を網羅する意義は十分に存在します。

Riotはかつて新チャンプのアイデアはたくさんあると言いました。性能面では「サポートアサシン」「敵のultを使う」など様々な新しさが見えました。「味方の姿に変身する」少女がカメレオン人間であるのは性能と物語が高いレベルで噛み合っています。

ストーリーの面でも「まだLoLにいない魅力的なキャラクター造形」「いつか実装されるかもしれないX-factor(この点において”Daughter of the Void”ことカイ=サはパーフェクトでした)」など可能性は山積みで、それは当分の間なくなることはないでしょう。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする