【スキル・スキン公開】セナをサポートマークスマンにするという英断

チャンピオン開発エピソード:セナ

セナのスキル

Senna -10周年を飾る至高の解放-
Riot、とんでもないことをしてくれた。 ついに。ついにセナが新チャンプとして確定しました。ルシアンとスレッシュの因縁から6年?(wiki調べ) 長い戦いでしたね。 セナ:闇の抱擁│チャンピオンアニメーテッドトレーラー 発表 ...
【LoLストーリー】セナ:救済者
「闇が光を包み込むように、私は彼らを包み込もう…」 ~ セナ "幼い頃に呪いを受け、超自然現象である「黒き霧」に追われてきたセナは、「光の守護者」として知られる聖なる騎士団に加わり、霧と激しく戦った──しかし、彼女は冷酷な亡霊ス...

 

理想のその上を

新チャンプ「セナ」は語ると長くなりますがユニバース勢としても胸が躍る展開でした。

セナがこうして10周年の場に降り立つ前から「もしもセナがチャンピオンになったら」という妄想をする人は何人もいました。実はボードのクリエイションに書き込まれたそれを読むのが趣味だった頃があったのです。

ロールとして多かったのはsup>bot>その他。この結果も納得でした。

 

セナがサポートだったら良い? 気持ちはわかりますと頷きました。ルシアンと一緒にbot行けたらなかなか熱い展開ですよね。「セナサポート」というファンコンセプトに間接的に答えたのがザヤラカンだったのかもしれないとまでこっそり思ってました。

いやセナはマークスマンだ? その気持ちもよくわかります。生前銃を使っていたという設定がありますからね。スレッシュのランタンを掴んで生還する皮肉な構図も正直なところ見てみたいですし。

 

来るとしたらそのどちらかだと思っていました。私にはどちらか選べませんでしたが。

 

しかしRiotはここで私の想像を遥かに超えていきました。

「じゃあ両方でよくない?」

(ロールに関する詳細はセナについて書いた他の記事にもあります)

 

セナをサポートマークスマンにするという発想はあまりに鮮やかで脱帽しました。

これはセナでなければできなかった。例え私が今も待ち続けているイレリアの兄弟が新チャンプになったとして彼がサポートマークスマンだった場合セナほどの感動はありませんでした。個人的にはイレリアの兄弟来るなら近接キャリーソロレーナ―がいいです(脱線するのでこれくらいにしておきます)

言われてみればこれが最適解では。そうだ。そうに違いない。

 

他のユニバースで例えるなら「アッシュはセジュアニと幼少期仲が良くて、複数の夫を持てる立場にいたがトリンダメアを唯一の夫にした」と言われた時くらいの衝撃でした。

【LoLストーリー】アッシュ:氷の射手
「一つの一族。一つの民。フレヨルドを一つに」 ~ アッシュ "アッシュはアヴァローサンのアイスボーンの戦母であり、北部でもっとも数の多い部隊を率いている。先祖から受け継いだ魔力を手に入れて真なる氷の弓で戦う彼女は、ストイックで知...
【LoLストーリー】セジュアニ:極北の激憤
「私は氷から切り出され、嵐によって形作られ、冷気によって鍛えられた」 ~ セジュアニ "苛烈で情け容赦のないセジュアニは、フレヨルドで最も恐れられる部族のひとつであるウィンタークロウの戦母だ。彼女の部族は常に過酷な自然の中で生き...
【LoLストーリー】トリンダメア:孤高の蛮王
「怒り。それが我が武器」 ~ トリンダメア "決して鎮まることのない激しい怒りに駆り立てられたトリンダメアはかつて、暗雲のかかる未来に備えるために北方に名をはせる最強の戦士たちに次々と戦いを挑み、フレヨルド中に知られる存在だ...

言語化できていなかった理想を拾い上げ形にする能力。言われて初めて気づいたけれど蓋を開ければこれしかないという美しさ。Riotと自分の解釈が一致した。

スキルとかに関する語り

Eそれ大丈夫なの? 他者カモフラージュ? 通常攻撃不可? ultではなく? またプロ専用機ナーフコース? という心配もありますがストーリーブログなのでストーリー寄りの話を。

パッシブがスレッシュを、Qがルシアンを意識している辺りただのサポートマークスマンというだけではなく彼女は『セナ』なのだと実感します。

ルシアンQ「ピアシングライト」と対比させてのセナQ「ピアシングダークネス」。

最高。

自前のスネアがある辺りスレッシュとも相性いいかもしれない。

TRUE DAMAGE(スキン)

セナの新スキン発表来ました。

どうやらアカリはK/DAと同じ人が声を担当する様子?

というかセナいきなりK/DAクラスのスキンということか?

セナにはそれだけの価値があると思います。

 

彼女は10周年記念に開発し大々的に発表するに相応しい存在だと心からそう思うのです。

コメント