チャンピオンロードマップ:2019年10月

チャンピオンロードマップ:2019年10月

(チャンピオン実装順は「チャンピオンの恒久値下げ」ページを参考にしています ちなみに145番目は同時に来たのがTFTのせいでPBEがパンクしたというキヤナです)

146番目のチャンピオン:セナ

 6年の時を経てスレッシュのランタンから救い出されたルシアンの妻。もうlore勢大歓喜。10周年に相応しい女性。ろるゆに管理人はテンション爆上がりです。

 「サポートマークスマン」という新しいコンセプトのチャンピオン。ルシアンと一緒にレーン戦することも想定している様子。AD用サポートアイテム追加は彼女(とパイク)の為だともっぱらの噂。10/30PBE実装予定です。

147?:マークスマン(おそらくターゴン)

 「己の信仰心を守るため、太陽の信仰者に立ち向かう」「月の満ち欠けのように次々と武器を持ち替えるその心」とあるのでルナリ系と予測されています。
 3sup(レオナ/タリック/ソラカ)0adcだったのでそろそろターゴンマークスマン来てほしいとは思っていましたがまさかセナの次とは思わなかった。ただセナはサポートでもあるので純マークスマン要素はこちらで補うのでしょうか。

148?:アイオニアのジャガーノート

 「シンプルで扱いやすい」「拳闘場の空気」「口より拳で話す」

 “smokin’ hot”が女性に使われるスラングらしい(「セクシー」って感じの意味合い?)ので女性かもしれないとも噂されていますね。ヴァイみたいなタイプなのでしょうか?

フィドルスティックスVGU

 「何が本物で何が人形か?」まさかシャコみたいなことをし始めるんでしょうか。だとしたら困るんですけど。

ボリベアVGU

 現時点では「フレヨルドの半神でオーンとアニビアの兄弟」という設定が明らかになっているボリベア。「雷を落とす嵐神らしさ」「最盛期にして唯一無二の神の如き存在」というコンセプトで現在VGUが進行中です。

149?:不思議な愛嬌を持つジャングラー

 原文”whimsical” 「気まぐれな」という意味もあるようです 性格としてはゾーイやアイバーンのような方向性になるのでしょうか?

150?:エッジィな近接攻撃系キャリーソロレーナー

 参考までに軽く調べてみました:edgy-英語ネットスラング辞典
 日本語のネットスラングでいえば「中二病」
 ……近接キャリーソロレーナ―、イレリア、アカリ、エイトロックス等を代表に競技シーンで暴れてナーフを受ける事が多く、その点だけ少し心配ですが大丈夫でしょうか?

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする